2019年9月30日月曜日

爆発して道連れ ~ ジバクアリ


■敵地で爆発 ~ 自爆テロアリ■

マレーシアに生息するジバクアリ (Camponotus saundersi) はその名の通り「自爆」を得意とするアリです。

自爆テロ蟻 (suicide bombing ants)」「爆発蟻 (explosion ants)」「カミカゼ蟻 (kamikaze ants)」等、英語圏での呼ばれ方も物騒なものが並ぶアリです。

さて、ジバクアリの兵隊アリですが、かれらは頭部、そしてからだの両側面に巨大な大顎腺 (おおあごせん) を持っており、ここには粘着性の毒液がたっぷりと仕込まれています

他の巣のアリたちとの戦争の際、ジバクアリは押さえ込まれたり、敵に囲まれたり、これにて万事休す、という場面になると、筋肉の収縮により頭部や腹部の大顎腺を爆発させ、毒液を敵に撒き散らします。

たっぷり毒液を浴びた敵国のアリたちは死亡しますが、浴びても死ななかったアリたちも粘着性の毒液でその場に貼り付けてしまい、足止めさせることができます。

大顎腺を破裂させたジバクアリはやがて絶命してしまいますが、自分の命と引き替えに多くの敵兵を道連れにします。

まさにアリ界の自爆テロといえます。

(関連記事)
 自爆専属の戦闘員を要するアリ ~ イエロー・グー

 老兵は爆発して城を守る ~ ムヘイシロアリ

 投身自殺するアブラムシ

最凶女殺人鬼 ~ クロドクシボグモ


■最強毒蜘蛛 ~ クロドクシボグモ

世界最強の称号を持つ毒蜘蛛、クロドクシボグモ

なにせこのクモの学名である "Phoneutria" はラテン語でずばり "murderess" の意、つまり「(女性の)殺人者」を意味します。

この恐ろしいクモがいったいどこに生息するのか気になるところでしょう。

クロドクシボグモは英名を "Brazilian wandering spider (「ブラジルのさまよえるクモ」の意)" ということからも分かるとおり、中南米です。(ブラジルにのみ生息しているわけではありません)

8種類ほど確認されているクロドクシボグモの仲間ですが、最大種で体長は5センチ、足を広げると15センチ前後とかなり大柄なクモです。

そしてもっとも気になる毒性ですが、これが凄まじく一匹のクロドクシボグモで、人間の致死量の数十人分の毒を持っているといいます。

ギネスで「もっとも有毒なクモ」に選ばれています。

そしてこの恐るべきヒットマンに咬まれたときの致死率、なんと0.14%!

えっ、たったの0.14%?

ヒットマン解雇確定です。

7000人が咬まれて死亡したのは10人だそうで、毒性は強いものの致命傷まで負う人は劇的に少ないようです。

これはこのクモの抗毒素血清が存在していることと、そもそもそ人間を襲うことを前提に進化していないことに原因があるかもしれません。

人間としては不幸中の幸いといったところでしょうか。

ただし、咬まれた後の激痛は耐え難く、しかもしばらく続くとのことで大変なことに変わりはありません。

なそ、死亡者はほとんど子供ではないかと思われるので、子供は注意が必要です。

このクモは別名、「武装グモ (armed spiders)」とか「バナナグモ (banana spiders)」といわれます。

武装グモはその毒性からなんとなく分かるとして、バナナグモと呼ばれる所以は?

これは、このクモが日中は陽の光を避け、倒木などの陰や特にバナナの中に隠れる習性からそのように呼ばれます。

この習性が災い?して、クロドクシボグモがバナナの房ごとパッケージングされ、世界各地に出荷されてしまうこともたまにあるようです。

口も胃も腸もなにもない生物 ~ オラヴィウス・アルガルヴェンシス


■口も胃も腸もなにもない生物 ~ オラヴィウス・アルガルヴェンシス

地中海に浮かぶトスカーナ群島最大の島、エルバ島

このエルバ島沖の浅い砂浜にかなり奇妙な生き物が生息しています。

その名もオラヴィウス・アルガルヴェンシス (Olavius algarvensis)。

くるくるとコイル状に不規則に巻かれているため分かりにくいですが、海生の貧毛類で、いわゆる「海に住むミミズ」といえば分かりやすいかと思います。

ミミズと同様、からだには体節がたくさんあり、まっすぐ伸ばせばそれなりにミミズっぽく見えるはずです。

ですがそのままの状態ですとやっぱりミミズには到底見えない、というか、生物にすら見えません。

なんかの動物の内臓なんじゃないか、と思ってしまうほど奇妙なルックスですが、他の動物に寄生したりもせず、これでも単体でやっていけてます。

ただしこのオラヴィウス口もなければ胃や腸といったあ消化器官も、腎臓も肛門も何も持っていません

どうやって生きているのかというと、すべては体内に取り込んだ共生生物たちがやってくれます。

オラヴィウスの体内には4種だか5種だかの共生細菌が住み着いており、かれらが栄養分を作り出し、体内で不要になった廃棄物もかれら共生細菌がすべて処理してくれます。

オラヴィウスの役目はかれら共生細菌に場所を提供するだけ。

見た目こそ気持ち悪いですが、ゴミひとつ出さない究極のエコ生物です。

(関連記事)
 人間の祖先はガマ口で肛門なし ~ サッコリタス・コロナリウス

 猛毒ワーム ~ ボネリムシ

超巨大海生生物の咆哮 ~ ザ・ブループ

(original image by anomalien.com)

■超巨大海生生物の咆哮 ~ ザ・ブループ

現在確認できる地球上最大の生物はシロナガスクジラで、その体長は最大レベルのものだと30メートルを超す個体も存在します。

そのシロナガスクジラを軽く凌駕する伝説の生物がブループ・モンスター (Bloop monster) と呼ばれる海生生物です。

はじめに断っておくと、「ブループ」 というのは特定のUMA (未確認動物) を指す言葉ではなく、「謎の音」に付けられた名前です。

ブループUMA風に言えばUMS (Unidentified Mysterious Sound) ということになるでしょう。

さてブループとは1997年、アメリカ海洋大気庁 (National Oceanic and Atmospheric Administration (NOAA)) によってキャッチされた非常に強力な謎の音です。

発生した地点は南太平洋といわれています。

で、この謎の音がなんで謎のシーモンスターと関係するのかというと、このブループ、自然現象や人工物に由来するいかなる音にも当てはまらないからです。

それだけでなく、ブループはただ単に謎の音というだけでなく、動物由来の音に似た特徴を有しているという見解がありました。

その理由というのは「周波数の急激な変化」です。

地球上最大の生物であるシロナガスクジラは非常に強い音を発することができるといわれているものの、ブループはシロナガスクジラのそれよりも、さらに「強い」というのです。

その強い音から導き出される生物の大きさは215メートル!

というわけで、謎のサウンド「ブループ」を発する謎の生物を「ブループ・モンスター」とか「ブループ・ビースト」と呼ばれます。

通常、UMAはそれが見間違いだろうと何だろうと、ほとんどの場合「目撃情報」からその存在を知られることになりますが、ブループは「謎の音」から存在を推測された珍しいケースです。

未知の巨大生物の正体といえば、絶滅巨大生物の生き残り説が定番ですが、少なくとも現時点で地球が誕生してからシロナガスクジラより巨大な生物が確認されていないことから絶滅種だろうと当てはまる生物はもちろん存在しません。

体長215メートルはさすがに「ない」と思いますが、シロナガスクジラより巨大な生物が存在し、かつ、今まで知られていなかったとしたら、、、ブループ・サウンドはとても夢のある話です。

ブループ・モンスターは、シロナガスクジラを筆頭に、絶滅種も含め海生の巨大には濾過摂食 (ろかせっしょく) が多いことから、そのような姿で描かれる傾向があります。

さて、当初、ブループ・サウンドの発生源の有力な候補として挙げられていのが「南極の氷の崩落音」でした。

ですが、ブループは自然現象より生物が発している可能性のほうが高いという見解や、かつ「巨大生物が発しているサウンド」という説のほうがセンセーショナルということもあり、いつしか氷の崩落音説はい忘れ去られる存在となってしまいました。

そして現在でも音の正体は突き止められていませんが、ブループの正体はやっぱ南極の氷の崩落音ぐらいしかないんじゃないの、、、とかなんとか。

2019年9月29日日曜日

蚊 100%のハンバーグ ~ ケヨソイカ


■蚊でハンバーグ ~ ケヨソイカ■

マラウイ湖Lake Malawi)、アフリカ大陸で3番目に巨大な淡水湖です。

細長い形状の湖で、琵琶湖の40倍以上の面積を持ち、湖というよりは海といった感じです。

マラウイ湖ではちょっとおもしろい自然現象が見られます。

湖面のあちこちに黒い煙のようなものが立ち上がっているのです。

実はこれは蚊柱で、ひとつの蚊柱だけで数百万という蚊が集まっているといいます。

これはなにも湖面だけの話ではなく、地面の上でも見られます。


貧しい地域にとって昆虫は貴重な蛋白源です。

これを放っておく手はありません。

取り方は簡単 (といっても疲れますが)、鍋状の容器の内側に油を塗り、蚊柱の中でそれを振り回すだけです。

これは子供たちの仕事のようです。

ところで、蚊柱の中でこんなことをしていたら蚊に刺されまくるんじゃないかと心配する人もいるかもしれませんが、その心配はありません。

これは吸血性の蚊ではなくケヨソイカ (Chaoborus edulis) という、厳密には蚊とは別の生き物です。

しばらく空中で容器を振った後に中をのぞいてみると、そこにはケヨソイカでいっぱいになっています。


大量に捕獲したケヨソイカを潰し、油と混ぜてコネコネしていくとハンバーグの種のようになります。

で、文字通り、ハンバーガーのパティような形に整形して両面を丁寧に油で焼き上げると真っ黒なハンバーグ風のものが出来上がります。

地元では、このケヨソイカを「クング (kungu)」と呼ぶため、この黒いハンバーグ風の食べ物を「クング・ケーキ (kungu cake)」と呼びます。

冷めると固くぽろぽろとして、ハンバーグというよりはクッキー風になるようです。

試食した人たちの評価は分かれますが、パンに挟んでハンバーガーでもいける、との評価もあるようです。





3メートルの超巨大類人猿 ~ ギガントピテクス


■3メートルの超巨大類人猿 ~ ギガントピテクス

UMA界においてギガントピテクス (Gigantopithecus) の役割は非常に大きいものとなっています。

というのも、獣人系、いわゆるヒューマノイドに分類されるUMAは数多く、代表的なものでも北米のビッグフットをはじめ、ヒマラヤのイエティ (雪男)、中国のイエレン (野人)、オーストラリアのヨーウィ等、世界中いたるところで目撃されており、かつ概ね、人類よりもひと回りもふた回りも大柄なものが報告されていいることから、それらの正体に必ずといっていいほど、このギガントピテクスが登場するからです。

とはいえ、ギガントピテクスは化石が見つかっており、その存在は上記UMAとは異なり疑いようのないものですが、非常に謎多き類人猿です。

現時点で発見されているギガントピテクスの化石は歯と下顎が数個、その全体像を知るにはあまりに情報が少なすぎるからです。

しかし、それらの骨がとてつもない大きさをしていることから、とにかく体の大きな類人猿だったであろうと推測されており、一説には身長3メートル前後、体重500キロほどだったのではないと見積もられています。

これについても異論はあり、単に頭部が大きいだけで2メートルぐらいしかなかった、もしくは現在のゴリラと大して変わらなかった等、手がかりの少なさから研究者によって見積もられる大きさもばらばらです。

個人的には3メートル説を推したいところです。

なお、ギガントピテクスの生息地域は主に東南アジア、雑食性だったものの、概ね草食性だったものと考えられています。

もし3メートルもあったとしたら、どうして滅んだのだろう?との疑問もあるかもしれません。

類人猿同士の腕力によるタイマン対決であれば無双するほど強かったと推測できますが、実際のところ腕力だけで生き残れるほど自然界は甘くありません。

類人猿同士での戦いでは、腕力よりむしろ知力に勝るほうが圧倒的に有利ですし、ギガントピテクスは体が大きいだけで狩られる側だったかもしれません。

また、大型化してしまった動物の末路として、気候変動による環境の変化に対応できなくなってしまった等も考えられます。

現在のところ、ギガントピテクスは3種 (G. blacki (ギガントピテクス・ブラッキー), G. bilaspurensis (ギガントピテクス・ビラスプレンシス), G. giganteus (ギガントピテクス・ギガンテウス)) 知られています。

余談ですが、オーストラリアの未確認動物学者、レックス・ギルロイ氏は無謀ながら、オーストラリアに渡った (であろう) ギガントピテクスギガントピテクス・オーストラリス (Gigantopithecus australis) という学名を与え、4種目のギガントピテクスを提唱しています。

もちろん、誰にも相手にされていませんが、この4種目のギガントピテクスこそオーストラリアの獣人ヨーウィの正体と主張しています。

(関連記事)
 体長43センチの巨大ゴキブリ ~ アプトロブラッティナ・ジョンソニ


 聖なる魚は3メートルに育つ ~ オヒョウ


 70センチの巨大サソリ ~ プルモノスコルピウス・キルクトネンシス

テントウムシをゾンビ化 ~ テントウハラボソコマユバチ


■テントウムシをゾンビ化 ~ テントウハラボソコマユバチ
Dinocampus coccinellae

虫が苦手な人たちにもおおむね好意的に受け取られるテントウムシ。

その証拠に、世界の250以上にも及ぶテントウムシの呼び名のうち、聖母、神に由来する名前は優に100を超すといわれています。

ちなみに日本の「テントウムシ」の呼び名も、太陽神である「天道 (テントウ)」の名が入ります。

話はちょっとそれむかしの話になりますが、おばあちゃんは大きな畑を持っており、子供のころ (小学校低学年) ときどき着いていっては種まきや野菜の収穫の手伝いをしたものでした。

野菜の茎や葉にはテントウムシが良く見られました。

ナナホシテントウが多かった記憶がありますが、ニジュウヤホシテントウなどもいた記憶があります。

で、おばあちゃんの頭の中は「昆虫=野菜を食う憎き生物」というの構図が出来上がっており、テントウムシを見つけ次第、履いているゴム長靴で原形をとどめないほど粉砕していました。

子供のころは昆虫が好きで「ナナホシテントウはアブラムシを食べる益虫であるからどうか助けてやってくれないか?」との旨を伝え交渉をしましたが、「こいつは野菜を食うわりーやつなんだっ!」と吐き捨てるだけで、かわいい孫の助言を聞き入れる様子はなく、害虫であるニジュウヤホシテントウもろとも益虫の粉砕に余念がありませんでした。


さて、この神にたとえられテントウムシを、うちのおばあちゃん同様、文字通り、神をも恐れぬ仕打ちを与える生物がいます。

テントウハラボソコマユバチという寄生性のハチです。

この寄生蜂は小柄であるテントウムシよりもさらに一回り小柄なハチです。

テントウハラボソコマユバチはテントウムシを見つけると麻酔を打ち、その後、卵をひとつだけ産み付けます。

産み付けられた卵からテントウハラボソコマユバチの子が孵ると、テントウムシの体内に侵入しを殺さないよう上手に食べていきます。

宿主のテントウムシ殺してしまうと、のちのち自分の人生に不利に働くからであって、もちろんテントウムシの将来を気かけてのものではありません。

テントウムシの体内で体を食べまくって数日、蛹になるためテントウハラボソコマユバチはテントウムシのおなかを突き破って出てきます。

その大きさたるやテントウムシと引けを取らないかなりのサイズで、テントウムシの体内はほとんど空っぽなのではないかと思えるほどです。

よくぞテントウムシは死なずにいられたものと不思議です。

さて、出てきたテントウハラボソコマユバチの幼虫は早速繭を作りますが、それは出てきたおなかのすぐ下、つまりテントウムシは繭を抱くような形になります。

このとき、テントウムシは生きている場合とすでに死亡している場合があり、生きている場合は繭を奪いにくる他の虫たちを威嚇し追い払ってくれます。死亡している場合はもちろん守ってくれません、そういうわけでテントウムシを死なないように食べる方が得なわけです。

テントウハラボソコマユバチ自身、成虫になりさえすればテントウムシは完全に用済み、死んだところで一向に構わないのですが、驚くことにテントウハラボソコマユバチに寄生されたテントウムシの30~40%は死なず、産卵するものさえいるといいます。

神をも恐れぬテントウハラボソコマユバチと書きましたが、テントウムシを殺さなかったのはかれらなりに敬意を払っていた証拠なのかもしれません。(少なくともうちのおばあちゃんよりは)

ゴキブリを意のままに操る ~ エメラルドゴキブリバチ


■ゴキブリをゾンビ化 ~ エメラルドゴキブリバチ

東南アジアやアフリカなど、熱帯地域に生息するジガバチ (セナガアナバチの一種) の仲間に、エメラルドゴキブリバチ (Emerald cockroach wasp, Ampulex compressa) というハチがいます。

その名にエメラルドを冠している通り、グリーンを基調とした金属光沢が美しく、英語圏ではジュエル・ワスプ (jewel wasp, 「宝石蜂」) なる別称も持ちます。

エメラルドゴキブリバチは狩りを得意とするジガバチのグループに所属し、また、その名前の一部に「ゴキブリ」を冠していることから想像できる通りゴキブリを狩るハチです。

ジガバチの仲間は狩った獲物を地中の巣穴に運び、卵を産みつけ生まれてくる子供たちの食料とします。

即ち、エメラルドゴキブリバチはゴキブリを狩り、このゴキブリを子供たちの食料源とするのです。

ただし少々問題があります。

エメラルドゴキブリバチは22ミリほどの大きさですが、狩りの対象であるゴキブリが自らよりもからだの大きいワモンゴキブリ (Periplaneta americana) だからです。

しかも殺してしまってはいけません。

生まれてくる子供たちのために、生かさず殺さず、仮死状態の新鮮なゴキブリを巣穴まで運ぶ必要があります。

どうやって運びましょう?

そこで考えついたのが「脳外科手術」です


エメラルドゴキブリバチは対象のワモンゴキブリを見つけると、その大きなアゴでゴキブリの身動き取れないようにし、まずは1度目の注射を打ち込みます、麻酔です。

患者が暴れていては手術は出来ません。

この麻酔により患者を大人しくさせ、ゆっくりと脳外科手術に取り掛かるのです。

2度目の注射はゴキブリの頭部めがけてですが、非常に繊細なものとなります。

というのも頭部に差し込んだ針で、ゴキブリの脳内の「逃避反射」を司る神経細胞を破壊すべく、その部位を探し当て、そこに2度目の毒液を注入する必要があるからです。

術後、麻酔のせいもありぐったりとしていたゴキブリですが、しばらくすると元気を取り戻します。

術後のゴキブリはすばしこかった動きが緩慢となり、そもそも自らの意志で動き回らなります。

どうやら手術は成功したようです。

手術の成功を見るや、術後、離れて様子を見ていたエメラルドゴキブリバチはゴキブリの元へ戻ってきます。

すっかり穏和になったゴキブリは、エメラルドゴキブリバチを見ても逃げようとも格闘しようともしません。「逃避反射」が破壊されているからです。

ゴキブリは自分の判断でうまく行動できなくなっており、エメラルドゴキブリバチはそんな不憫なゴキブリに手を差し伸べます。

その光景は、まるで怪我をさせておきながら一度は現場を去り、介抱のために犯行現場に戻ってきた、自作自演の犯罪者のようです。

しかしゴキブリにとってそんなことはどうでもいいようです。

ゾンビ化」されたゴキブリは、まるで生まれたてのひな鳥が母親にそうするように、エメラルドゴキブリバチに手を引かれ (触角を引っ張られ)、「母」の促すままにある場所へと導かれます。

もちろんそれはエメラルドゴキブリバチの母親が、自分の子供のために用意しておいた地中の巣穴です。

面倒くさい一連の手術は、重くて巣穴まで運ぶことのできないゴキブリを、「ゾンビ化」させることによってゴキブリ自らの足で巣穴まで歩かせるためのものだったのです。

なんの疑いも持たずゴキブリは巣穴の奥深くへと連れてこられると、腹部に卵を産み付けられます。

この瞬間こそゴキブリが逃げる最後のチャンスです。

しかしゴキブリは逃げようと思えば逃げられるのにやはりそうはしません。

まるで母親から次の指示を待っているかのように大人しくそして従順だからです。

エメラルドゴキブリバチは卵を産み付けると自分だけ地中からはい出て、巣穴の入り口を砂で覆ってしまいます。

これでもうゴキブリは2度と日の光を見ることはありません。

エメラルドゴキブリバチにぐずぐずしている暇はありません、次なる犠牲者 (ワモンゴキブリ) を探しに行かなければならないからです。

1匹のエメラルドゴキブリバチの母親は、一生の間、およそ1ダースものゴキブリに卵を産み付ける必要があるからです。

卵を産み付けられて3日後、エメラルドゴキブリバチの幼虫が卵から孵ると、母親が用意してくれたゴキブリの外骨格に穴を開けゴキブリの体内に侵入します。

ゴキブリは生きているにも関わらず、そして自由に動き回る能力を持っているにも関わらず、なんの抵抗も示しません。

ただ黙ってエメラルドゴキブリバチの幼虫に自分の体を提供し続けます。

生まれながらに最善の食べ方を知っている幼虫は、ゴキブリを絶命させることなく、毎日毎日生きたままの新鮮なゴキブリの内臓を食べ続けることが出来ます。

生きたゴキブリを食べ続けて8日後、エメラルドゴキブリバチの幼虫はゴキブリの体内でサナギになります。

そしてこのころ、時を同じくして1週間以上もの間、生きたまま食べ続けられるという過酷な使命を終えたゾンビゴキブリは静かに息を引き取ります。

ゴキブリが死して4週間後、エメラルドゴキブリバチはまるでゴキブリの生まれ変わりのように、ゴキブリの体を乱暴に突き破ると、その美しいエメラルド色の姿を現します。

(関連記事)
 テントウムシをゾンビ化 ~ テントウハラボソコマユバチ

 【閲覧注意】実在するゾンビウイルス ~ バキュロウイルス

 全米震撼!ゾンビ化する鹿たち ~ ゾンビ鹿病

■ オスを完璧なオカマにする ~ フクロムシ

 ペニスから侵入!殺人ナマズ ~ カンディル

 殺人アメーバ ~ ネグレリア・フォーレリ