2019年9月30日月曜日

爆発して道連れ ~ ジバクアリ


■敵地で爆発 ~ 自爆テロアリ■

マレーシアに生息するジバクアリ (Camponotus saundersi) はその名の通り「自爆」を得意とするアリです。

自爆テロ蟻 (suicide bombing ants)」「爆発蟻 (explosion ants)」「カミカゼ蟻 (kamikaze ants)」等、英語圏での呼ばれ方も物騒なものが並ぶアリです。

さて、ジバクアリの兵隊アリですが、かれらは頭部、そしてからだの両側面に巨大な大顎腺 (おおあごせん) を持っており、ここには粘着性の毒液がたっぷりと仕込まれています

他の巣のアリたちとの戦争の際、ジバクアリは押さえ込まれたり、敵に囲まれたり、これにて万事休す、という場面になると、筋肉の収縮により頭部や腹部の大顎腺を爆発させ、毒液を敵に撒き散らします。

たっぷり毒液を浴びた敵国のアリたちは死亡しますが、浴びても死ななかったアリたちも粘着性の毒液でその場に貼り付けてしまい、足止めさせることができます。

大顎腺を破裂させたジバクアリはやがて絶命してしまいますが、自分の命と引き替えに多くの敵兵を道連れにします。

まさにアリ界の自爆テロといえます。

(関連記事)
 自爆専属の戦闘員を要するアリ ~ イエロー・グー

 老兵は爆発して城を守る ~ ムヘイシロアリ

 投身自殺するアブラムシ

0 件のコメント:

コメントを投稿