2022年6月28日火曜日

シャドーマン???それともスキンウォーカー???

(image credit by #WooGlobe.)
(動画は本文の最後にあります)

■シャドーマン???それともスキンウォーカー???

Unexplained Mysteries さんのフォーラムで話題となっていた動画で、撮影者のキャロル・アイフェルト (Carol Eifert) さんによれば、2021年11月11日に撮影されたものだそうです。

公開されたのが2022年6月22日と、撮影から半年以上のラグがありますが、アイフェルトさんによれば、撮影当時、ちょっとおかしいなぁとは思いつつも、これは単にクマかなにか野生動物が木の後ろに隠れているだけと思ったからのようです。

改めて動画を観直してみて、これはクマなどではなく、もっと奇妙な生物なのでは?と思って公開に踏み切ったのです。

「これはクマなんかじゃないって確認したの、きっとスキンウォーカーとかハイドビハインドとか呼ばれてるものよ」

ビデオを見てみましょう。

わずか15秒足らず。

ヘッドライトに照らされた木の後ろから影だけがヌッと現れます。

ちなみにビデオ内で大騒ぎしている子は孫のカムリン (Kamriyn) ちゃんだそうです。

(スキンウォーカーの一種と考えられる、レイク)

キャロルさんの語るスキンウォーカーハイドビハインドとは、UMAの中でも特に民間伝承・都市伝説の傾向が強い部類に入るものです。

「影」が見えた後こそ大事だと思うのですが、そこでビデオは終わってしまっており、このあと本当は何らかの生物が正体を現すのでは?という疑問を抱かせる要因となっています。

とはいえ、この影の部分だけを見るとなかなか不思議な動画です。



(関連記事)

2022年6月27日月曜日

この漂着物ってアレだよね、、、

(image credit by Ocean Hour)

海岸に打ち上げられた謎の生物の漂着死骸は腐敗により元の生物が特定しづらく、UMAファンの興味をそそる一大ジャンルです。

UMA本でおなじみのクラシック的UMA、ニューネッシーブロック・ネス・モンスタートランコテコルタ (テコールタ) の怪物モントーク・モンスター等、数えきれないほど漂着系のUMAは多いです。

モントーク・モンスターのように陸生生物であることもありますが、その正体のほとんどは巨大な海生生物、特にクジラやサメであることが多いです。

その中でもウバザメが正体であることが群を抜いて多いのですが、それはウバザメが巨大であること、腐敗して顎が脱落すると、恐竜と時代を共にした大型海生爬虫類を想起させる姿に変貌することに起因します。

(ニューネッシー/ウバザメの死骸と考えられています)
(image credit by Michihiko Yano/Wikipedia)

謎の漂着死骸はその正体を考える過程が楽しく、正体が判明したらしたで答え合わせが楽しく、判明しないならしないで未知の生物の可能性が残されて楽しく、いずれにしても楽しいのです。

ところで、トップの画像はアメリカ、フロリダ州の保護活動団体オーシャン・アワー (Ocean Hour) のボランティアが2020年11月、その活動中に砂浜に打ち上げられた「謎の漂着死骸」に遭遇、撮影したものです。

いや謎の生物もなにも、、、これって、、、斬首された、、、

さすがにそんなヤバいものはこのブログでは取り上げませんのでご安心を。

撮影者は人間の死体が打ち上げられていると911に連絡。

フジツボまみれのぶっこわれたマネキンであることが発覚し笑いの種になりました。


2022年6月26日日曜日

ゴビ砂漠に生息する、電撃ワーム ~ モンゴリアン・デス・ワーム


■モンゴリアン・デス・ワーム

復帰したので、スタンダードなUMAも紹介していきましょう。

今回はモンゴリアン・デス・ワーム (Mongolian Death Worm)。

「モンゴリアン」とその名が示す通り、モンゴルのゴビ砂漠に生息すると信じられているUMA (未確認動物) で、直訳すると「モンゴルの死をもたらすイモムシ」みたいな意味です。

モンゴル語ではオルゴイ・コルコイ (olgoi-khorkhoi) と呼ばれますが、これは英語で「ガット・ワーム (Gut Worm)」「ラージ・インテスティン・ワーム (Large Intestine Worm)」と訳され、ぞれぞれ「腸のようなイモムシ」「大腸のようなイモムシ」を意味します。

いずれにしても、まあ「腸」のようにモコモコした形状の生物ということでしょう。

「デス・ワーム (死をもたらすイモムシ)」という物騒な名前も、ワームに触れただけで死ぬ、咬まれたら死ぬ、電撃で殺される、等々、人間をも殺す伝説に由来します。

体長は2~4フィート (約60~120センチ) とバカでかい目撃情報が常套化しているUMAとしてはとっても控えめな大きさ、大きさ的には実在していてもおかしくありません。

といいたいところですが、これがなかなか困難なのです。

モンゴリアン・デス・ワームは伝えられたところではどうやら「ワームのような生物」というより「ワーム」、つまり昆虫の幼虫だったり、ミミズだったり無脊椎動物と信じられているからです。

巨大ミミズのギネス保持者、ミクロカエトゥス・ラピ (Microchaetus rappi) は6.7メートルという大記録を持っていますが、如何せん細い。

ギネス保持者はミミズとしては超極太の直径2センチを誇りましたが、伝えられるモンゴリアン・デス・ワームはもっと寸胴で、人間の腕ほどの太さもあり、まさに「巨大なイモムシ」然としています。

巨大ミミズに確かに道端で出会ったらギョッとするでしょうが怖くはありません。

そもそもミミズが砂漠に生息するのは厳しいでしょう。

さて、モンゴリアン・デス・ワームをもう少し詳しく見てきましょう。

この生物が有名になったのは1922年、アメリカ人探検家ロイ・チャップマン・アンドリュース (Roy Chapman Andrews) 氏が彼の著書「恐竜探検記 (On the Trail of Ancient Man)」で紹介したことにはじまります。

彼はその10年後「中央アジアの新たな征服 (The New Conquest of Central Asia)」で再びモンゴリアン・デス・ワームを取り上げました。

彼の本によれば「モンゴリアン・デス・ワームの生息するのはもっとも荒涼としたゴビ砂漠の西方で、砂に身を潜めていることからめったに目にすることはできない生物」であるといいます。

骨であったり皮であったりといった物的証拠は一切なく、頼れるのはこの生物を目撃したモンゴル人たちの証言のみです。

前述のように、この生物はお世辞にも人間に対しフレンドリーな存在ではありません。

人間にとっても致死性の猛毒を有しており、この生物を触れただけでもその毒で死ぬばかりか、猛毒を噴射したり、あるいはデンキウナギさながらの電撃による攻撃が可能であるため離れていても (デス・ワームから数メートル内は攻撃範囲とも) 危険な存在であるといいます。

著名なイギリス人未確認動物学者、カールー・シューカー (Karl Shuker) 氏が集めた情報によれば、モンゴリアン・デス・ワームの姿は「どす黒い血液で満たされた牛の腸」のような姿をしていると自身の著書、"The Beasts That Hide From Man" で語っています。

また、シューカー氏によれば、この生物は、一見しただけでは頭部に目も鼻孔も口も確認できない上、尾がちょん切られたように短いことから、頭部と尾部の区別もつかないといいます。

前進する方法も奇妙で、転がったり体を左右によじったりしながら進むといわれ、それを「前進する」という表現が的確かどうかも怪しいほどで、おそらく地上での動きはかなり制限されており、このことからも地中の生物と考えて問題なさそうです。

さて、こんな生物が存在するでしょうか?

ワームのような無脊椎動物で人間を襲うほど巨大な陸生生物は夢はありますがあまり現実的ではありません。

無難に未知の脊椎動物、その中でも陸生で細長い生物の多い爬虫類がやはり候補としてはうってつけでしょう。

さすがに空気中を稲妻さながらの電気ショック攻撃は厳しそうですが、毒を飛ばすというの攻撃・防御は既知の動物でも知られていることであり、特にアフリカに生息するドクハキコブラ (リンカルス, Hemachatus haemachatus) はそれを代表する生物です。

体長は1メートル前後、毒性はそこまで強くはありませんが、咬んでよし、離れている敵には毒を飛ばしてよし、体型、体長、習性等、モンゴリアン・デス・ワームとの共通点も多い生物です。

未発見のドクハキコブラがモンゴリアン・デス・ワームの正体であったとしても理にかなっているといえます。

但し、自然の動物を見慣れているモンゴルの住人たちがヘビをワームと混同するか?というとそこはやや疑問の余地はあります。

そんな中、ヘビとしてはその候補としてマダラスナボア (Eryx miliaris) が挙げられています。

(マダラスナボア image credit by Public Domain)

中央アジア・南アジアを中心とした砂漠地帯にも生息し、首のくびれがあまり目立たないことから、頭部と胴体の境目が不明瞭、かつ目もあまり目立たないため、通常のヘビと比較するとよりワームに見えるかもしれません。

メスで4フィート (約120センチメートル)、オスは約その半分の2フィート強、ワーム状の体型、そして体長はモンゴリアン・デス・ワームの正体候補としてうってつけです。

但し、無毒であり、人間を襲うこともありません。

ドクハキコブラの特性を兼ね備えたマダラスナボアのようなヘビがゴビ砂漠に生息しているなら、それはきっとモンゴリアン・デス・ワームの正体でしょう。

それからもうひとつ、巨大ワーム系生物の誤認といえばこれ!といえるミミズトカゲの仲間も候補に入れておきましょう。

(大きさも姿もミミズそのもの、ミミズトカゲの一種)
(image credit by Wikicommons/Kerstin Engelking)

ミミズトカゲ類は手足や目までも退化してしまって、とても小柄なものが多く本物のミミズにしか見えないものも多いトカゲの仲間です。

とはいえれっきとした脊椎動物であり、最大種であるシロハラミミズトカゲ (Amphisbaena alba) は80センチにもなり、先に挙げたマダラスナボアとは比べ物にならないほど「ワーム」そのものです。

(シロハラミミズトカゲ)
(image credit by Wikicommons/Public Domain)

まったくの無毒ですが、シロハラミミズトカゲのような巨大ミミズトカゲの未知種がゴビ砂漠に生息していたら?

あまりに奇妙な生物ですから伝えられるモンゴリアン・デス・ワームのような伝説が出来上がっても不思議ではないでしょう。

(参照サイト)

(関連記事)
 心優しき殺人鬼 ~ ナイリクタイパン



 アラブに潜む空飛ぶ蛇 ~ アラバール

 3人を食い殺した人食いナマズ ~ ジャイアント・グーンチ




2022年6月22日水曜日

伝説のUMAフープスネークは実在するかもしれない ~ アルマジロトカゲ


今日はフープ・スネーク (Hoop snake)。

アメリカ・カナダの民間伝承的UMA、フィアサム・クリッター (Fearsome critters) と総称される生物のひとつです。

フィアサム・クリッターは民間伝承の要素が強い、というよりはほぼ民間伝承、日本でいうと河童のような存在です。

その中でももっとも有名なもののひとつがフープ・スネークです。

フープとは輪っかのこと、つまりフープ・スネークとは「輪のよう蛇」の意味です。

体長は3フィート (約90センチ) とUMAとしては控えめな大きさ。

容易に想像がつくと思いますが、フープ状になる方法は自らの尾を噛むだけというとてもシンプルなものです。

フープ化した蛇は、斜面を車輪のように高速で転げ落ちることができます。

その理由は獲物を捕らえるためであり、天敵から逃れるためであり、フープ時の移動速度は60マイル (約100キロ弱) いずれにせよ移動速度を大幅にアップすることができます。

ハンティングの際には転がることによって獲物に接近し、尾から生える毒のトゲでで仕留めるといわれています。

アシダカグモの一種で、南アフリカのナミブ砂漠に生息するゴールデン・ホイール・スパイダー (Golden wheel spider / Carparachne aureoflava) なんかはまさにフープ・スネークさながらに斜面を高速で転がり落ちて天敵から逃れたりする生物は実在します。

クモみたいな節足動物ではなく脊椎動物だよ、蛇だよ蛇!

残念ながら、皆さんの期待にこたえられるようなそんな蛇は存在しませんが、クモと比較したら圧倒的にフープ・スネークに近親であろう爬虫類にそれは存在します、アルマジロトカゲ (Ouroborus cataphractus) です。

(アルマジロトカゲ image credit by Wikicommons/Public Domain)

アルマジロトカゲは前述したゴールデン・ホイール・スパイダーと同じ、南アフリカに生息します。

ヨロイトカゲの仲間で、体全体が鎧のようなトゲ状の鱗で覆われています。

アルマジロトカゲは天敵に襲われるとフープ・スネークさながら、尾を噛んで輪のように丸くなります。

円形になることによりトゲ状の鱗は逆立ち、トゲトゲの車輪のようになり、四肢もぬかりなくトゲトゲであるため全身トゲまみれとなります。

(フープ状になったアルマジロトカゲ image credit by Wikicommons)

但し、体長は大きくても10センチ前後と決して大きくはなく、このトゲトゲによって無敵になるわけではありませんが、こんな俊敏性を捨ててまで重い鎧で体を覆っても絶滅を免れているのはそれなりのディフェンス能力がある所以でしょう。

トゲトゲの鎧はとてもかっこよく、その特異な習性もあって人気のあるトカゲの一種です。

話をフープ・スネークに戻しましょう。

人間にとってアルマジロトカゲは全く無害な存在ですが、フープ・スネークは人間をも襲うと信じられています。

彼らから逃げ切る方法はいくつか伝わっています。

転がりながら追いかけてくるフープ・スネークからさっと木の裏に隠れることによってフープ・スネークを木に激突させる、フェンスをよじ登って逃げることによって、フープ・スネークのフープをいったん解かせる、フープ・スネークの輪の中を潜り抜ける等々です。

最後のフープ・スネークの輪の中を潜り抜けるという方法、体長90センチのフープ・スネークの作る輪の直径は30センチ足らず (90÷π)、既に追いつかれている上に時速100キロで転がる30センチの輪の中を通り抜けられる人が存在する確率はフープ・スネークが存在する確率を下回るのでは?(笑)