2019年10月26日土曜日

おしりが途中で切断! ~ シリキレグモ

(image by The Sun)

■シリキレグモ

学名シクロコスミア・リケッティ (Cyclocosmia ricketti) は中国に生息する体長3センチぐらいのクモで、和名をシリキレグモといいます。

シリキレグモの仲間は10種ほど知られており、多くは中国に生息しますが、北米やメキシコ、東南アジアにも生息しています。

シリキレグモの名前どおり、腹部をど真ん中で切断したような奇妙な姿をしています。

英語圏ではその形からアワグラス・スパイダー (hourglass spider)、つまり「砂時計のクモ」とも呼ばれます。

その断面にはハンコのような左右対称の模様が刻まれていますが、この模様で種の特定が出来るそうです。

このクモは地中性のトタテグモの仲間です。

トタテグモの仲間がそうであるように、シリキレグモも触肢が長く歩脚と見分けが付かないため10本足のクモに見えます。

トタテグモはクモの巣を張る代わりに、地中に穴を掘り、その出入り口に「扉」をつくる (戸を立てる) ことからこの名前で呼ばれます。

さてこのシリキレグモ、なぜゆえに腹部がこんな奇妙な形をしているのか?

シリキレグモも同じ仲間ですから、地中に穴を掘りその中に巣を作りますが、敵に襲われたときに巣の奥まで逃げるのではなく、この平らなおしりで出入り口を塞いでしまうためなのです。

天敵に対し生身の体を晒すわけですから、この断面は他の部分より非常に固く出来ています。

(関連記事)
 最凶女殺人鬼 ~ クロドクシボグモ

0 件のコメント:

コメントを投稿