2030年12月31日火曜日

このサイトについて


「くりぷと〜世界の奇妙な住人たち」は世界中のUMA(未確認生物)、不思議な動物や植物、巨大生物、そして奇妙な食材や料理などを紹介しているサイトです。

2030年12月30日月曜日

UMAとは?


このブログのメインコンテンツのひとつ、UMAについて簡単に説明します。

UMAという単語に聞きなれない人もいるかもしれませんが、UMAとは "Unidentified Mysterious Animal" のそれぞれの単語から頭文字をとった略語で、「未確認動物/未確認生物」のことです。通常「ユーマ」と発音されます。

これはUFO (Unidentified Flying Object, 未確認飛行物体) をもじった一種の和製英語で、英語圏で使われることはまずありません。

英語圏では未確認動物のことを通常 "cryptid(s) (クリプティッド)"、未確認動物学のことを "cryptozoology (クリプトゾウオロジー)" といいます。

古典的なものではネス湖の怪獣 (ネッシー)ヒマラヤの雪男 (イエティ)ビッグフット、日本だとツチノコなんかが有名どころではないでしょうか。

UMAとは簡単にいうと「目撃情報があるものの存在が立証されていない野生動物 (もっと平たく言うと「未捕獲の新種の野生動物」(注1))」のことですが、実際のところ都市伝説的・オカルト的要素が強い生物がかなり含まれます。

そもそも未確認動物学という言葉はあれど、体系的に整っているわけではなく、たとえば鬼や河童といった民間伝承的生物や妖怪との線引きもあいまいです。

そういうわけでUMAと呼ばれるものは突き詰められると、ほとんどがアウトです。

ですから「そんなへんてこりんな生き物が目撃されていたのか!」とあまり深く考えず、この現代社会のどこかでひっそりと暮らすUMAたちに寛大な気持ちで接してください!



(注1)
UMAのことを「未捕獲の新種の野生動物」と表現しましたが、実は絶滅したと思われている動物の目撃もUMAに数えられることがあります。

いまだ毎年のように目撃が続くタスマニアタイガーメガロドン、日本国内ですとニホンカワウソニホンオオカミなどがそれに当たります。

また、恐竜やその時代に生きた海生爬虫類 (たとえばプレシオサウルス) の目撃もUMAに数えられます。ネッシーなどがいい例でしょう。

2030年10月3日木曜日

Welcom to CRYPTO


旧サイト 「UMAファン ~ 未確認動物」からお越しと思いますが、どうもありがとうございます。

プロフィール書いてないわ、記事も少ないためカテゴリ分けもしてないわ、等々、まだ全然出来上がってはいませんが、まとまって読める程度の記事数をアップロードしたので、公開します。

旧サイトと記事の重複もありますが、コンセプト見直しにより、なるべく記事は短く読みやすいようにすべて書き直しています。

旧サイト同様、UMA関連の記事もありますが、それだけにこだわらないもう少し広い分野をカバーしていく予定です。

徐々に記事数を増やしていく予定ですので、今後ともよろしくお願いします。

2019年10月23日水曜日

実はカニは賢かった説

■実はカニは賢かった

ごく稀に、「カニ味噌」を「カニの脳みそ」と勘違いしている人がいますが、万が一にもあれはカニの脳ではありません。

カニ味噌の正体は中腸腺といい、脊椎動物の器官で例えると肝臓とすい臓をあわせたような器官といわれます。

体に対してあれだけ脳が入ってら知能も結構高いでしょうが、実際は驚くほど小さく、体の小さなミツバチの1/10以下だそうです。

というわけで、おそろしく知能が低いのではないか?とバカ疑惑をもたれているカニたちに、本当にバカなのか試してみることにしました。

勝手にバカのレッテルを貼られているカニの代表として選ばれたのはヨーロッパミドリガ二 (Carcinus maenas) 12匹です。

カニ界の威信にかけても頑張りたいところです。

お題は「迷路」です。

脳を持たない粘菌ですら迷路を突破しているのですから、小さいながら脳を持つヨーロッパミドリガニには期待したいところです。

スタートからゴールまで、分岐点が5箇所あり、3箇所には行き止まりがあり、正解ルートはただの1つしかありません。

見事ゴールした場合にはご褒美としてムラサキイガイ (ムール貝) の実が置いてあります。

4週間に渡り、週に1度だけ迷路に挑戦させましたが、間違わず正解ルートを走破したヨーロッパミドリガ二はいませんでした。

ですが、間違いは少しずつ減少していきました。

それから2週間後、もう一度トレーニングを積んだヨーロッパミドリガ二たちに、ゴールのご褒美なしで挑戦させたところ、全員が8分以内にゴールに到着しました。

一方、訓練なしのヨーロッパミドリガニ平均走破タイムは39分で5匹に至っては1時間オーバーということです。

このことからトレーニングが実を結んでいることは明らかで、2週間前の記憶を頼りに迷路を効率よく走破できることが判明しました。

カニは決してバカではなく、賢かったのです。

(関連記事)
猛毒 ~ スベスベマンジュウガニ

  ヤシガニが歴史ミステリーを解く

幽霊ガニは胃で鳴く ~ アトランティック・ゴースト・クラブ

(参照サイト)
New Scientist

気温50度にも耐える ~ サバクカタツムリ


■サバクカタツムリ

カタツムリがもっとも住むべきでない場所のひとつは砂漠といえますが、好き好んでこの場所を選んだカタツムリがいます。

スフィクテロキラ・ボイッセリ (Sphicterochila boisseri) というイスラエル南部のネゲブ砂漠 (Negev Desert) に生息するカタツムリです。

和名が分からないのでサバクカタツムリと呼ぶことにします。

そこらへんのカタツムリをこの砂漠に連れて行って放置すれば、いくら殻に閉じこもって耐えようと、内部が沸騰して死んでしまいます。

カタツムリは変温動物ですので、気温に体温がもろに影響を受けます。

恒温動物 (哺乳類や鳥類) のように体温調節は出来ませんから、いかに気温に左右されないようにするか工夫するしかりません。

サバクカタツムリは、まずその殻に秘密があるといいます。

サバクカタツムリの殻の色は白くかつ非常に光沢があり、太陽の熱を効率的に跳ね返すことが可能で、その反射率は95%にも及びます。

砂漠の熱が危険なのは上から照りつける太陽光だけではありません、もうひとつは砂漠の砂です。

砂漠の砂もとんでもない温度になりますが、これは殻に比して小さい開口部で地表からは内部に入リ込む熱を防ぎます。

さらに、サバクカタツムリは軟体部分を殻の一番てっぺんまで避難し、地表から離れます。

殻のてっぺんが一番暑くなりそうですが、前述の通り、反射率95%の殻が守ってくれます。

殻の上部に移動すると、殻の入り口と軟体部分の間に空間が出来ます。

この空間がが断熱材として働き、地面から伝わる熱から軟体部を守ってくれるそうです。

ここまで頑張っても完全に熱をシャットダウンできるわけではありませんから、徐々にカタツムリの体温を上昇させます。

もっとも熱くなるときの体温は50度にも達しますが、なんとサバクカタツムリ最高で50度強まで耐えられるため、限界ギリギリで持ちこたえることが出来ます。

砂漠に生息するために究極的に環境に適応したサバクカタツムリ、真夏ですら1日の水分消失はたったの0.5ミリグラムと驚異的なディフェンス能力を発揮します。

とはいえ、夏場は防御一辺倒、もっぱら冬眠ならぬ夏眠でやり過ごし、冬場の雨が降るわずかの期間だけ殻から出てきて食い溜めし繁殖活動を行います。

そのため殻から出てくるのは1年間で3週間程度、あとはずっと眠っているそうです。

(関連記事)
 休日のブランチにいかが? ~ パンケーキ・ナメクジ 

 隣家に放り投げたカタツムリは必ず帰ってくる 


(参考文献)
極限環境の生命 / D.A.ワートン著

(参照サイト)
Wikipedia

壮絶な最期を遂げる産卵マシーン ~ 女王シロアリ


■50年間産卵マシーン ~ 女王シロアリ

女王シロアリはもっとも長寿な昆虫として知られています。

シロアリはおよそ3万種知られており、その種類によっても寿命は異なりますが、女王シロアリの寿命は20年から最大で50年といわれており、昆虫でありながら人間の寿命に迫る勢いです。

100年ほど生きる、という説もありますが、そこまで長命ではないようです。

さて、女王シロアリになると腹部が膨らみ、ふつうの働きアリとはまったく異なる姿に変貌し、10センチほどに成長する種もいます。

女王シロアリの仕事はただひとつ、コロニー繁栄のため卵を産み続けることです。

産卵数もそのシロアリの種類、女王シロアリの個体の年齢、生息地や季節等によって大きく異なりますが、1日1000個から最大で3~4万個といわれています。

これだけ長命で1日の産卵数も凄まじいことから、もっとも多産の女王シロアリは生涯産卵数が1億個以上にのぼるともいわれています。

コロニー初期の段階では世話する働きアリの数も少ないため、女王になって2~3年は1日の産卵数もそれほどではありません。

ちなみに働きアリや兵隊アリの寿命は1~2年です。

さていくら長命であろうと女王シロアリにも最期はきます。

加齢により徐々に産卵数は低下し、もはや巣を保てる産卵数が維持できなくなると、新しい女王シロアリに取って代わられます。

何十年とコロニー繁栄に貢献してきた女王シロアリのまわりを長年の労をねぎらうかのように子供たちが囲みます。

もちろん別れを惜しんで子供たちが囲むわけもなく、最期は自分の生んだ子供たちに自らの体を生きたまま提供して人生の幕を閉じます。

(関連記事)
老兵は爆発して城を守る ~ ムヘイシロアリ 

負傷兵を救護 ~ マタベレアリ

 アリをゾンビ化 ~ タイワンアリタケ (冬虫夏草)

 アリの来世はイチゴ ~ 寄生虫ミルメコネマ

 無差別攻撃 ~ クレイジー・アリ

 拷問アリ ~ アロメルス・デケマルティクラトゥス

 爆発して道連れ ~ ジバクアリ

 殺人パンダ ~ パンダアリ
(参照サイト)
Pests.guru
ORKIN
npr

もっとも重い巨大ニワトリ ~ ジャージー・ジャイアント


■もっとも重い巨大ニワトリ ~ ジャージー・ジャイアント

巨大なニワトリとしてブラマ (Brahma chicken) がいますが、今回はブラマと双璧を成す巨大ニワトリ、ジャージー・ジャイアント (Jersey giant) の紹介です。

ブラマもそしてジャージー・ジャイアントもUMAではなく、現存するニワトリです。

ジャージー・ジャイアントのオスは地球上でもっとも重いニワトリといわれ、15ポンド (約6.8キロ) もあるニワトリです。

羽の白いものと黒いものの2品種おり、黒い品種のものが一回り大きく育ちます。


1870~1890年ごろ七面鳥に代わる巨大な家禽と期待され、名前の通りニュージャージーで品種改良されたニワトリです。

残念ながら七面鳥がさらに品種改良により大型化されてしまったため、ジャージー・ジャイアントはその地位を奪えませんでした。

ジャージー・ジャイアントは成長に時間がかかり、また大型化するまでに非常に飼料も必要とするため経費がかさむため、商業用として大量飼育するには向いていなかったようです。

ジャージー・ジャイアントは新種のニワトリではなく、品種改良したニワトリですが、家禽としての商業価値を失ったことから「絶滅」が危惧されるほど数が減少しましたが、現在は持ち直しているようです。

というのも家禽以外としての用途が見出されたからです。

前述の通り、体重15ポンドに加え、体高も26インチ (約66センチ) と高身長で威圧感のあるニワトリです。

ですが、その見かけとは裏腹にとても人懐こく、子供にもフレンドリー、さらにその希少性からペットとしての地位をつかみつつあるからです。

ニワトリなのでメスを飼えば卵を産んでくれます。

通常のニワトリよりも大きな卵を産んでくれるそうですが、自分で卵を割ってしまうという変な性癖があるとか。

(関連記事)
世界最長の昆虫 ~ 巨大ナナフシ

(参照サイト)
THE HAPPY CHICKEN COOP

2019年10月22日火曜日

空飛ぶ半透明のマンタ ~ フライング・マンタ


■空飛ぶ半透明のマンタ ~ フライング・マンタ

フライング・マンタ (flying manta ray) という飛翔系のUMA (未確認生物) がいます。

フライング・マンタがはじめて目撃されたのは2004年12月3日、晴れた夜のことです。

アメリカ、ウェストバージニア州のポイントプレザントからハンティントンに向かう男女2人を乗せた車が、オハイオ川に差し掛かったとき、女性が「それ」に気付きました。

オハイオ川のすぐ上空を灰色がかった薄く滑らかな形状のもの舞っており、突然車のフロントガラスのほうに急降下したかと思うと消えてしまった (行方が分からなくなってしまった) というのです。

(image by FANDOM)

もうひとつの目撃情報も同じくウェストバージニア州で、こちらはブラックウォーターリバーとまたも川の近く。

目撃したのは車に乗っていた母子で、車の周りをマンタのような形をした「生物」が車の近くを併走するように飛んでいたといいます。

これ以降も似たような目撃事件が散発しており、フロリダ州で目撃されたものはアカエイに似ており、3つの個体が同時に確認されたというものや、インディアナ州のものはやはりアカエイのような形のものが木から木へ飛び移るような動きをしていた、といったものがあります、

上記のようなものがすべて同じ生物 (または自然現象) を指しているのかは判断できませんが、いずれも「エイのような形をしているものが空中を浮遊している」という点では共通しています。

夕方から真夜中にかけて目撃されていることから、その姿をはっきり確認するのは困難なようですが、「半透明」状と形容する目撃もあります。

体長は9フィート (約2.7メートル) と本物のマンタほどは大きくはないものの、車を包み込むほどの大きさはあります。

似たような生物が存在しないため、既知生物の誤認は考えづらく、かといってそのような未知の生物がいるか、というとそれも考えづらいところです。

UMAの中でもかなり個性的な部類に入り、興味の沸く生物 (現象) ですが、なんらかの浮遊物を生物と誤認、もしくは自然現象の可能性が高いのではないでしょうか。

(参照サイト)
FANDOM
PHANTOMS & MONSTERS

コウモリの生き血を吸う吸血バエ ~ クモバエ

(image by NEWS NETWORK)

■吸血鬼から吸血するハエ ~ クモバエ

コウモリバエ (Streblidae)とクモバエ (Nycteribiidae) というハエの仲間がいます。

2つは近縁で形態もよく似ていることから、どちらも英語での俗称はコウモリバエ (bat flies) です。

ここでもめんどくさいので2つを区別せず、呼びやすい「クモバエ」と呼ぶことにします。

クモバエの姿を見ても、昆虫に精通している人以外、これがハエの仲間であることに気付くことはないでしょう。

名前の通りその姿はまさにクモで、翅すら持ちません。

完全な寄生生活をおくるハエで、コウモリに寄生しその生き血を吸って生きています。

コウモリバエ科が237種、クモバエ科が275種知られており、基本的にそれぞれが専門とするコウモリに寄生します。

吸血のイメージが付いてしまっているコウモリですが、実際のところ、吸血コウモリはわずか3種しかおらず、逆にほとんどのコウモリが吸血される側にまわっているのは皮肉なものです。

さてクモバエの仲間たち、交尾と産卵を除くすべての期間をコウモリにひっついて暮らす吸血寄生バエです。

それゆえ、万一、コウモリから振り落とされようものなら翅もないかれらにとって人生終わったも同然で、48時間以内に寄生するコウモリに辿りつけない場合は餓死してしまいます。


魚を意のままに操る寄生虫 ~ ディプロストムム


■魚を意のままに操る寄生虫 ~ ディプロストムム

寄生した生物 (宿主) を意のままに操るのは、寄生虫の最も得意とする分野ですが、吸虫ディプロストムム・プセウドスパサケウム (Diplostomum pseudospathaceum) もまた宿主を操り人形のようにもてあそびます。

ディプロストムムは3つの生物間を巡ります。

ディプロストムムの卵を大量に含む鳥の糞がスタート地点です。

まずこの卵入りの糞が水中に落下されるのが第1の難関で、陸上に落下した糞に含まれるディプロストムムの卵はまずは脱落です。

無事に水中に落下したものはそこで卵から孵り、ミラキジウムという形態になりファースト・ステージの淡水性巻貝を探して泳ぎ回ります。

ミラキジウムの寿命はおそらく半日程度だと思われるので、このタイムリミット内に巻貝を見つけられなかったり、落ちた水中に巻貝自体が生息していなければゲームオーバーです。

巻貝に到達できたものだけが次のステージに進む権利が与えられます。

巻貝に到達したミラキジウムスポロキストという形態に変身し、巻貝の体をクローン工場として無性生殖により爆発的に増殖します。

十分に成長したスポロキストは、今度は遊泳力に優れるケルカリアへと変身し、次のステージ、魚を目指して巻貝から旅立ちます。

遊泳力の高い魚への移動は困難を極めるため巻貝から放たれるケルカリアの数は膨大です。

運よく魚に到着できたものは魚の皮膚を破り、魚たちの免疫系で保護される眼球の水晶体内に移動します。

さあ長い旅路もあと一息、このケルカリア入りの魚が鳥に食べられればゲームクリアです。

水中生物から陸上生物、しかも空中を舞う鳥への移動は非常に困難なため、ここで伝家の宝刀、宿主のコントロールに入ります。

魚に寄生した後も成長する必要があるため、未成熟の状態で鳥に食べられては今までの苦労が水の泡です。

そこで鳥に見つかりにくいよう、遊泳力を落とし目立たないようにして鳥に食べられにくくします。

そして自らが十分成長し鳥へ移動する準備が整うと、寄生されていない魚よりも活発に動きまた水面近くに留まる等、鳥に食べられやすくします。

意中の鳥に食べられたディプロストムムは鳥の体内で卵を産み、鳥の糞に卵を紛れ込ませます。

(関連記事)
 ゴキブリを意のままに操る ~ エメラルドゴキブリバチ

 テントウムシをゾンビ化 ~ テントウハラボソコマユバチ

アリをゾンビ化 ~ タイワンアリタケ (冬虫夏草)

(参照サイト)
NEW SCIENTIST

(参考書籍)
パラサイト・レックス / カール・ジンマー著

米兵を震え上がらせた巨大ヒヨケムシ ~ キャメルスパイダー


■米兵を震え上がらせた巨大ヒヨケムシ ~ キャメルスパイダー

湾岸戦争の際、あの屈強な米兵たちを本気で震え上がらせた生物、キャメルスパイダー (camel spider)。

キャメルスパイダーとは中東に生息する巨大なヒヨケムシ (Solifugae) の俗称です。

1000種以上知られており、その姿からクモやサソリの仲間 (クモガタ類) であることは分かるでしょう。

通常は体長が1~5センチ程度ですが (といっても足が長いので、想像以上にボリュームがあります)、中東に生息するキャメルスパイダーと呼ばれるヒヨケムシは体長が10~15センチもあるといわれています。

キャメルスパイダーという呼ばれ方をするものの上記の通りクモではありません。

さて、このキャメルスパイダー、なぜそれほどまでに米兵を震え上がらせたのか?

(image by liveabout dotcom)

もともと「キャメルスパイダー」という呼称は、ラクダの厚い皮膚を食い破り、内臓を食い荒らすことからそう呼ばれているといわれています。

ところが戦争により状況は変わりました。

キャメルスパイダーのターゲットが砂漠地帯にキャンプを張る米兵たちに向けられたのです。

人間など一咬みで麻痺させる毒を持つといわれ、米兵の眠るテントに襲撃をかけるようになりました。

おちおち眠ることも出来なくなったものの、起きていたからといって安全ではありません。

砂上を走るのに特化したキャメルスパイダーたちの走る速さは、まるで砂の上を滑るように時速30マイル (約時速50キロ) も出せるのです。

人間は平坦な地面で短い距離ですらこのスピードを出すことはできません。

とても人間の脚力で逃げ切るのは不可能であり、対峙して倒すか、車で逃げる以外にありません。

また非常にジャンプ力があり、追いかけてきて人間に飛びつきそのまま攻撃を仕掛けるといいます。

昼間の砂漠で咬まれようものなら、体は麻痺し灼熱の太陽に焼かれながらキャメルスパイダーに食われるという究極の拷問を味わうことになります。

恐ろしい、、、こんな生物が実在するとは、、、


実はこれ、見慣れない「キャメルスパイダー」の恐ろしい姿から、極度の緊張状態に耐えかねて戦場で生まれた都市伝説です。

強力な牙を有するアゴを持っているものの、キャメルスパイダーにはサソリのようにお尻に毒針もなければ、牙に毒腺をもっているわけでもありません。

臆病で人間を意図的に襲うこともなければ、ラクダを襲うこともありません。

追いかけてきませんし、ジャンプもできません。

キャメルスパイダー」という呼称もラクダを襲うからではなく、腹部を高く持ち上げる姿がヒトコブラクダのように見えるから、とか、ラクダのように砂漠にすんでいるから、といったことに由来します。

ただし、人間を追いかけることはありませんが、キャメルスパイダーは夜行性のため光に誘われてテント内に入ってくることもあるようです。

また、時速30マイルは出るわけもありませんが、俊足であることは確かで、時速10マイル (約時速16キロ) ぐらいは出せるという説もあります。

通常は昆虫を主食としますが、小型のトカゲ、ヘビ、鳥なども捕食します。

2019年10月21日月曜日

オーストラリアで酔いどれミツバチ連続死


■オーストラリアで酔いどれミツバチ連続死

オーストラリアの首都キャンベラにある国会議事堂近くに、まるで酔っ払ってふらふらになったようなミツバチが多数目撃されました。

ミツバチたちは飛ぶこともままならず、そこかしこに墜落していくのです。

ミツバチの大量死はなんらかの伝染病や意図せぬ殺虫剤等によ影響も考えられ、養蜂家にとってただごとではありません。

一気に緊張が走ります。

しかし、この酔っ払ったように見えるミツバチ実は本当に酔っ払っていることが分かりました。

気温が高いと、オーストラリアのこの地域の花の蜜は発酵していまうため、ミツバチたちは予期せぬアルコール摂取で酩酊状態に陥っていたのです。

ふらふらになったミツバチたちは巣に戻ろうとしても、風紀を乱す要注意人物として、巣の「警備員」に追い払われてしまうのです。

どこかに行って酔いが醒めるまで時間をすごさなければいけません。

人間とは異なり、勤勉なほど (蜜の集める量が多いため) 摂取量が多くなり、中には過剰摂取により急性アルコール中毒で死んでしまうものもちらほらいます。

このミツバチ酔っ払い騒動、殺虫剤が原因ではなく、一時的なものであって養蜂家にダメージを与えるほどではないということで一安心のようです。

(参照)
news.com.au

ウッタラーカンドの恐竜のミイラ


(original image by hindustan time)

■ウッタラーカンドの恐竜のミイラ

2017年、インド、ウッタラーカンド州ジャスパーという小さな街で発見された恐竜のようなミイラ。

発見された場所は30年前まで発電所があった廃屋内ということです。

当時のニュースでは「恐竜の化石」を発掘となっていますが、実際のところ化石化しておらず、ミイラ状の死骸です。

もうこれはせいぜい数年前、最近死んだものであり、現代まで恐竜が生き残っていた (る) ということになります。

さてミイラを見てみましょう。

後肢が29センチということなので尾を含めない全長は40~50センチぐらいでしょうか。

頭部が大きく、後肢に比べ極端に前肢が短いため、ミニT-Rex的、つまり小型の獣脚類を彷彿とさせるシルエットになっています。

後肢が長く前肢が極端に短く感じるのは、後肢がまっすぐに伸びており、前肢が体の後方に上腕部が畳まれているからです。

実際に生きているときの姿は前後肢の長さがこれほど差があるようには見えないはずです。

また恐竜的シルエットに見えるもうひとつの原因は頭部がいったん後方に沿ってから立ち上がっているためです。

この2点で後肢2本で動き回る生物に見えるわけです。。

これらは意図的にそのように配置したというわけではなく、腐敗して不自然な形になったのだと思います。

そのあたりの配置をいじると、それほど不思議な生物ではなくなります。

おそらくマングースか、それに近縁の動物の死骸と考えられています。

(参照サイト)
hindustan time
DOUBTFUL NEWS