2030年12月31日火曜日

このサイトについて


「くりぷと〜世界の奇妙な住人たち」は世界中のUMA(未確認生物)、絶滅種を含む不思議な動物や植物、巨大生物、そして昆虫食をはじめとする奇妙な食材や料理などを紹介しているサイトです。

2030年12月30日月曜日

UMAとは?


このブログのメインコンテンツのひとつ、UMAについて簡単に説明します。

UMAという単語に聞きなれない人もいるかもしれませんが、UMAとは "Unidentified Mysterious Animal" のそれぞれの単語から頭文字をとった略語で、「未確認動物/未確認生物」のことです。通常「ユーマ」と発音されます。

これはUFO (Unidentified Flying Object, 未確認飛行物体) をもじった一種の和製英語で、英語圏で使われることはまずありません。

英語圏では未確認動物のことを通常 "cryptid(s) (クリプティッド)"、未確認動物学のことを "cryptozoology (クリプトゾウオロジー)" といいます。

古典的なものではネス湖の怪獣 (ネッシー)ヒマラヤの雪男 (イエティ)ビッグフット、日本だとツチノコなんかが有名どころではないでしょうか。

UMAとは簡単にいうと「目撃情報があるものの存在が立証されていない野生動物 (もっと平たく言うと「未捕獲の新種の野生動物」(注1))」のことですが、実際のところ都市伝説的・オカルト的要素が強い生物がかなり含まれます。

そもそも未確認動物学という言葉はあれど、体系的に整っているわけではなく、たとえば鬼や河童といった民間伝承的生物や妖怪との線引きもあいまいです。

そういうわけでUMAと呼ばれるものは突き詰められると、ほとんどがアウトです。

ですから「そんなへんてこりんな生き物が目撃されていたのか!」とあまり深く考えず、この現代社会のどこかでひっそりと暮らすUMAたちに寛大な気持ちで接してください!



(注1)
UMAのことを「未捕獲の新種の野生動物」と表現しましたが、実は絶滅したと思われている動物の目撃もUMAに数えられることがあります。

いまだ毎年のように目撃が続くタスマニアタイガーメガロドン、日本国内ですとニホンカワウソニホンオオカミなどがそれに当たります。

また、恐竜やその時代に生きた海生爬虫類 (たとえばプレシオサウルス) の目撃もUMAに数えられます。ネッシーなどがいい例でしょう。

2030年10月3日木曜日

Welcom to CRYPTO


旧サイト 「UMAファン ~ 未確認動物」からお越しと思いますが、どうもありがとうございます。

プロフィール書いてないわ、記事も少ないためカテゴリ分けもしてないわ、等々、まだ全然出来上がってはいませんが、まとまって読める程度の記事数をアップロードしたので、公開します。

旧サイトと記事の重複もありますが、コンセプト見直しにより、なるべく記事は短く読みやすいようにすべて書き直しています。

旧サイト同様、UMA関連の記事もありますが、それだけにこだわらないもう少し広い分野をカバーしていく予定です。

徐々に記事数を増やしていく予定ですので、今後ともよろしくお願いします。

2020年1月20日月曜日

カエルの細胞から創られた生きているロボット ~ ゼノボット


■カエルの細胞から創られた生きているロボット ~ ゼノボット

カエルの細胞からロボットを「創る」ことに成功しました。

使用されたのはアフリカツメガエル (Xenopus laevis) の幹細胞で、かれらの学名ゼノプス (Xenopus) とロボット (robot) の融合から、ゼノボット (xenobots) と命名されました。

ゼノボットを開発したのばバーモント大学のジョシュア・ボンガード (Joshua Bongard) 氏とタフツ大学のマイケル・レヴィン (Michael Levin) 氏。

(ゼノボット)
(image credit by Guardian)

ゼノボットのサイズはわずか1ミリ、2対の足をもったミニチュアサイズの四肢動物は人間によってプログラムされた通りに水中内を行動することができます。

ゼノボットは内包する初期エネルギーのみで動作し、口のようなエネルギーの取り込み口を持たないため燃料切れと共に機能は停止、つまり死にます。

ゼノボットの寿命はおよそ10日間。

ロボットといえばやはり強度・耐久性・そして加工のしやすさから金属製もしくはプラスチック製を選択されるのが常ですが、ゼノボットはそれらすべてを否定する細胞からつくられています。

しかし生体であることから大きなメリットがあります、体に損傷を受けた際に「自己再生」が可能なこと、また役目を終え「死んだ」際には、自然界の生き物たちと同様に分解され土に戻ることです。

今後ゼノボットをアップデートさせ、血管、神経系、感覚細胞、そして初歩的な目までも備えさせ、また哺乳類の細胞からゼノボットをつくることにより乾燥した環境でも動作させることができる日がくるかもしれないとレヴィン氏はいいます。

ゼノボットのアップデートが繰り返され、昆虫サイズ、小動物サイズへと移行し、究極的にはSFの古典であるアンドロイド (人造人間) 的容姿を得ることも不可能ではないかもしれません。

しかしもし、そこまでゼノボットがアップデートされた場合、果たしてゼノボットはロボットなのか生物なのかという倫理的な問題が生じることは確実でしょう。

海洋汚染の浄化や医療分野での利用に注目が集まっていますが、米国では軍事利用を模索しているようです。

ゼノボット兵士が誕生する日が来るかも?

(参照サイト)
Gardian

(関連記事)
 ネズミの擬似テレパシー能力は存在する

 ゴキブリを意のままに操る ~ エメラルドゴキブリバチ 


 【閲覧注意】実在するゾンビウイルス ~ バキュロウイルス

 殺人アメーバ ~ ネグレリア・フォーレリ

■ オスを完璧なオカマにする ~ フクロムシ

■ エンケラドゥスに地球外生命体が存在する可能性が高まる

 未来のオフィスワーカーをシミュレート ~ エマ


2020年1月19日日曜日

腕のない2本足のモンスター ~ フレズノ・ナイトクローラー


■腕のない2本足のモンスター ~ フレズノ・ナイトクローラー

今回はアメリカのUMA、フレズノ・ナイトクローラー (Fresno Nightcrawlers)。

ナイトクローラー (Nightcrawler) とは元々はネイティブ・アメリカンの民間伝承に登場する夜間徘徊 (ナイトクロール) する生物で、薄っぺらで腕がなく長い二本の足をもつ存在といわれています。

この民間伝承自体よく知らないのですが、とにかく古来より伝わるものでおそらくはスピリチュアルな存在と思われます。

当然、こういった民間伝承の生物は (元になった生物は存在したとしても) 実在しないはずですが、撮影されてしまいました。

ここがUMAの楽しいところ。

撮影されたのはしばらく前のことなので知っている人も多いと思います。

はじめて出没が確認されたのがカリフォルニア州のフレズノ (Fresno) であったことから、フレズノ・ナイトクローラーと呼ばれます。

その後、同じくカリフォルニア州のヨセミテ国立公園 (Yosemite National Park) で同様の生物が確認されました。

フレズノおよびヨセミテのいずれも防犯カメラに映りこんだものですが、夜間撮影および被写体までの距離の問題から、画質はかなり粗めです。

フレズノ・ナイトクローラーもネイティブの伝承さながら腕はなく細長い足をもつという特異なシルエットをしています。

全身真っ白、頭部と胴体の境目は不明瞭で画質の粗さによるものか、目鼻等の部位もまったく確認できません。

身長は1~1.5メートルと推定されており、歩行の際、膝間接・股関節があまり曲がっておらず、コンパスが二足歩行したらこんな感じになるだろう、といった動きです。

フレズノおよびヨセミテのいずれも防犯カメラで撮影されたものでCG処理等の加工は見られないようですが、そもそも実写で十分いけそうです。

印象としては白いダボダボの衣装を身に着け、竹馬に乗って歩いているような印象を受けます。

竹馬に乗って1~1.5メートルは不可であり、これはフェイクではない、との見解もあるかもしれません。

しかし、そもそも割り出した身長がどれだけ正確なのか分かりませんし、もし1.5メートルだとしてもやや背の低い人や子供であれば十分撮影可能ということを考えると、さすがにこれをもってナイトクローラーは実在する、と断言するのは厳しいです。

そっとしておきましょう。


(関連記事)

 その化け物は存在する ~ エル・スエロ


■ ウェーンズバロの謎の足跡

 生け捕りにされた怪物 ~ タグア・タグア・ラグーン (タギュア・タギュア・ラグーン)

 死の雄鶏ギャロデラムエルテは実在する ~ アヤム・セマニ





 恐竜人 ~ ダイノサウロイド (ディノサウロイド)


2020年1月18日土曜日

1週間で5人を殺害した毒グモ ~ スパイダー・フロム・ヘル


■全米に広がった殺人グモ伝説 ~ スパイダー・フロム・ヘル

経済のグローバル化に伴い外来生物までも知らず知らずのうちに「輸入」されてしまうことが多々あり、外来種は世界的にも大きな問題になっています。

ニッチの競合により在来種の生息域が圧迫されるのはもちろんのこと、毒を持った外来種に至っては人間にも咬傷等の直接の害があります。

日本でのヒアリセアカゴケグモなどが顕著な例です。

現時点では上記生物は定着して日も浅く、数もそれほどでないことから大きな事故は起きていませんが、今後はどうなるか分かりません。


さて、最近全米を震撼させている猛毒の外来種がいるといいます。

致死性の毒を持つといわれる小型のクモで、サウスカロライナからはじまりウエストバージニア、テネシー、ミシシッピと4つの州でわずか1週間の間に5人もの死者を出したといいます。

注意喚起のため殺人グモの特徴に加え写真も添えられています。

体長は1~1.5センチ程度と小柄、腹部はほっそりとしており全体的にスリムなシルエット、頭胸部は濃赤色、足や腹部は黄褐色で光沢があります。

鋏角 (牙) が大きく非常に好戦的な性質だといいます。

しかしわずか一週間という短期間で死者をそれだけ出した毒グモが今まで存在したでしょうか?

ふつうに考えて大いに怪しい情報です。

が、CGではなく毒グモの写真が添えられていることもあり、特定はあっという間でした。

これは世界中に生息するイノシシグモ (Dysdera crocata) の仲間で、稀に人間を咬むことはあってもほぼ無害、咬まれたとしても1時間程度かゆみを伴う程度だといいます。

一般的にウッドラウス・スパイダー (Woodlouse 「ワラジムシのクモ」) とかソウバグ・キラー (sowbug killer 「ワラジムシ殺し」) とか呼ばれることからも分かるとおり、ワラジムシを捕食することに特化しています。

もともとはヨーロッパ原産ですが現在では世界中に生息域を広めており、そもそも北米全域にも生息して久しいクモだといいます。

しかし、人家にはあまり近寄らず、またそれほど大きなクモではないため目にしたところでそれほど目立つものでないことから「見慣れぬ毒グモ」して一定数の信頼を得たようです。

この毒グモのニュースはSNS (主にフェイスブック) で広まったらしく、一種の都市伝説といえます。

(関連記事)




2020年1月16日木曜日

スターになれなかった日本初のT.レックス化石 ~ エゾミカサリュウ


■日本初のT.レックス、エゾミカサリュウはどこに消えた?

数ある恐竜の中でも別格の存在であるティラノサウルス・レックス (Tyrannosaurus rex) ことT.レックス

恐竜に微塵の興味もない人でもT.レックスを知らない人はいないでしょう。

最大体長14メートル、体重10トン前後、獣脚類最大級の体躯を誇り、映画の中でも人間を襲うトップ・プレデターの地位を築き上げた大スターです。

そんなスターの頭骨が今から40年以上も前の1976年、すでに日本でも発掘されていたと聞いたら驚く人も多いかもしれません、エゾミカサリュウです。

この名は発掘された北海道の三笠市に由来します。

三笠市では恐竜のスターが発掘されたとあって大賑わいし、町興しにも利用されたといいます。

しかしエゾミカサリュウが恐竜界のスターであるティラノサウルス類であるにも関わらず、全国的に見てその知名度は決して高いものではありません、これはどうしたことでしょう?

本来であれば各地の恐竜イベントに引っ張りだこ、もうエゾミカサリュウはいいよ、と食傷気味になっていてもいいはずです。

これにはわけがあります。

発掘当初、まだ完全なクリーニングを施す前の鑑定で「ティラノサウルス類の可能性」が示唆されたものの、クリーニング作業が進行すると共にどうもこの化石はティラノサウルスではないようだとの見解が広まります。

ぱっと見こそティラノサウルスの頭骨に似たシルエットをしているものの、不自然に吻部が大きく欠落しており、前歯から奥歯にかけて生える均等な大きさの歯はティラノサウルスのそれとは異なる印象です。

そして発掘から10年近くにもなってからエゾミカサリュウは正式にティラノサウルス類ではないとの鑑定結果が下ります。

さらに悪い (?) ことに、ティラノサウルス類どころか恐竜ですらないことも分かりました。

エゾミカサリュウモササウルスの仲間、つまり海生爬虫類だったのです。

恐竜とは乱暴な表現をすれば「陸生かつ直立歩行できる爬虫類」であり、竜盤目鳥盤目の爬虫類のみを指します。

ワニやトカゲのように体から横に足が張り出しているのではなく、恐竜は体から地面に垂直に足が出ている爬虫類といったほうがイメージとしては分かりやすいかもしれません。

こういった点からも海生爬虫類が恐竜の仲間でないことは一目瞭然です。

エゾミカサリュウになんの罪もありませんが「日本初のティラノサウルスの化石」で町興しをはじめた三笠市にとってこれは大誤算です。

三笠市はエゾミカサリュウを海生爬虫類とは書かず「肉食爬虫類の化石」と苦渋の表現に変更し展示していたことからもその落胆振りが伺えます。

マスコミの手のひら返しも容赦なく「エゾミカサリュウはただのトカゲだった」等、揶揄 (やゆ) されたといいます。

ただのトカゲって、、、

モササウルスの仲間、特にモササウルス・ホフマニ (Mosasaurus hoffmanni) にいたっては最大全長18メートル、体重14トンにも達し、ただのトカゲどころか恐竜に劣らぬ魅力的な巨大生物です。

そして2008年、長きに渡って避けら (?) れ続けてきたエゾミカサリュウの再調査が行われました。

その結果、エゾミカサリュウはモササウルスの仲間であるタニファサウルスの新種ということが判明し、タニファサウルス・ミカサエンシス (Taniwhasaurus mikasaensis) という学名が与えられ現在に至ります

人間のエゴに振り回された悲劇の恐竜エゾミカサリュウ、地味な存在であることは否めませんがこんな悲劇を知れば応援のひとつもしたくなるでしょう。

(関連記事)
 地球上に存在しない生物の化石 ~ モンゴララクネ・チャオヤンゲンシス

 本当に存在したか?超巨大恐竜 ~ アンフィコエリアス・フラギリムス


 恐竜人 ~ ダイノサウロイド (ディノサウロイド)





 それは有史以前の有袋類か? ~ クイーンズランドタイガー