2030年12月31日火曜日

このサイトについて


「くりぷと〜世界の奇妙な住人たち」は世界中のUMA(未確認生物)、絶滅種を含む不思議な動物や植物、巨大生物、そして昆虫食をはじめとする奇妙な食材や料理などを紹介しているサイトです。

2030年12月30日月曜日

UMAとは?


このブログのメインコンテンツのひとつ、UMAについて簡単に説明します。

UMAという単語に聞きなれない人もいるかもしれませんが、UMAとは "Unidentified Mysterious Animal" のそれぞれの単語から頭文字をとった略語で、「未確認動物/未確認生物」のことです。通常「ユーマ」と発音されます。

これはUFO (Unidentified Flying Object, 未確認飛行物体) をもじった一種の和製英語で、英語圏で使われることはまずありません。

英語圏では未確認動物のことを通常 "cryptid(s) (クリプティッド)"、未確認動物学のことを "cryptozoology (クリプトゾウオロジー)" といいます。

古典的なものではネス湖の怪獣 (ネッシー)ヒマラヤの雪男 (イエティ)ビッグフット、日本だとツチノコなんかが有名どころではないでしょうか。

UMAとは簡単にいうと「目撃情報があるものの存在が立証されていない野生動物 (もっと平たく言うと「未捕獲の新種の野生動物」(注1))」のことですが、実際のところ都市伝説的・オカルト的要素が強い生物がかなり含まれます。

そもそも未確認動物学という言葉はあれど、体系的に整っているわけではなく、たとえば鬼や河童といった民間伝承的生物や妖怪との線引きもあいまいです。

そういうわけでUMAと呼ばれるものは突き詰められると、ほとんどがアウトです。

ですから「そんなへんてこりんな生き物が目撃されていたのか!」とあまり深く考えず、この現代社会のどこかでひっそりと暮らすUMAたちに寛大な気持ちで接してください!



(注1)
UMAのことを「未捕獲の新種の野生動物」と表現しましたが、実は絶滅したと思われている動物の目撃もUMAに数えられることがあります。

いまだ毎年のように目撃が続くタスマニアタイガーメガロドン、日本国内ですとニホンカワウソニホンオオカミなどがそれに当たります。

また、恐竜やその時代に生きた海生爬虫類 (たとえばプレシオサウルス) の目撃もUMAに数えられます。ネッシーなどがいい例でしょう。

2030年10月3日木曜日

Welcom to CRYPTO


旧サイト 「UMAファン ~ 未確認動物」からお越しと思いますが、どうもありがとうございます。

プロフィール書いてないわ、記事も少ないためカテゴリ分けもしてないわ、等々、まだ全然出来上がってはいませんが、まとまって読める程度の記事数をアップロードしたので、公開します。

旧サイトと記事の重複もありますが、コンセプト見直しにより、なるべく記事は短く読みやすいようにすべて書き直しています。

旧サイト同様、UMA関連の記事もありますが、それだけにこだわらないもう少し広い分野をカバーしていく予定です。

徐々に記事数を増やしていく予定ですので、今後ともよろしくお願いします。

2020年4月7日火曜日

炭鉱の崩落を告げにやってきた ~ フライブルク・シュリーカー


■炭鉱の崩落を告げにやってきた ~ フライブルク・シュリーカー

今回は超常的なUMAを取り上げたいと思います。

1978年9月10日早朝。

ドイツ南西部、バーデン・ヴュルテンベルク州の都市フライブルク (Freiburg) の炭鉱の入り口。

今日もいつものように仕事を始めようと、21人の炭鉱員たちが炭鉱の入り口に集まり仕事の準備に取り掛かっていました。

するとその入口には黒いトレンチコートに身を包んだ人物が入り口を塞ぐように立ち尽くしていることに気付きました。

作業者には見えません。

場違いな光景に一同は幻覚を見ているのでは?と思ったほどだといいます。

炭鉱に入ろうと何人かが謎の人物に近づくと、それは決して幻覚などではなく実在していること、そして決して人間ではないことに気付きます。

「それ」はトレンチコートに身を包んでいたのではなく、羽毛のような黒い毛に覆われた生物だったのです。

大きな黒い羽を背中にはやしていたといいます。

炭鉱員たちがさらに近づいたその時です。

後に「まるで50人の人間が叫んでいるよう」「高速で走っている列車が緊急停車するときのきしみ音」と形容される強烈な金切り声 (シュリーク, shriek) を上げました。

驚いた炭鉱員たちは炭鉱に入るのを取りやめ謎の生物がその場を離れるのを待つことに決めました。

しかしそれから1時間ほどしたとき、突然地面が揺れたかと思うと地下内で爆発音が響きわたり炭鉱の入り口から煙と火の手が上がったといいます。

炭鉱が崩れたのです。

爆発が収まったとき既に謎の生物の姿はありませんでした。

もし炭鉱に入っていればかれら21人は爆発により命を落としていたのは確実であったことから、結果的に「謎の生物」に命を救われた形となりました。

その生物が炭鉱入り口で炭鉱員の入場を妨げたのは、意図的だったのかそれとも偶然だったのか?

後にその謎の生物は「フライブルク・シュリーカー (Freiburg Shrieker)」と呼ばれることになります。(「フライブルクの金切り声を上げるもの」の意)

数少ないドイツの未確認動物であり、ただの一度だけ現れたUMAですが、1966年アメリカのウエストバージニア州で目撃されたモスマンと同一とする説もあります。

モスマン系、いわゆるヒューマノイド型の飛翔系UMAはオオコウモリや大型の鳥類の誤認であるといわれますが、多くのモスマン系UMAの目撃が夜間であることに対し、フライブルク・シュリーカーの目撃は真っ昼間、しかも割と至近距離での確認ということからその説は低そうです。

ではなにかと言われると、この話がまったくの事実であるというのであれば、少なくとも既知動物では候補が思い当たりません。

(参照サイト)
Unknown Explorers

(関連記事)



2020年4月5日日曜日

謎のミイラ ~ イースト・グランド・フォークスの怪生物

(image credit by Coast to Coast)

■謎のミイラ ~ イースト・グランド・フォークスの怪生物

アメリカ、ミネソタ州のイースト・グランド・フォークス (East Grand Forks)。

この地の森林でミイラ化された謎の死骸が発見されました。

伐採した丸太の上に横たわる奇妙な生物。

丸太と建物の壁が確認できることからも、まったく人気のない森の中でないことは分かります。



発見者によれば「腕 (前肢) はない」とのことですが腐敗により脱落してしまったのでしょう。

また、発見者によれば「ミイラ化しているものの目は無傷」。

事実だとしたらホラーですが、これについてははあまり考えないことにしましょう。

大きさについての言及はありませんが、丸太の直径は15~20センチぐらいと考えると、体長は60~80センチぐらいでしょうか。

ミイラ化し肉が削ぎ落とされ細長くなっていることを考慮しても元から体は細長いような印象です。

イタチ科の生物でしょうか。

アメリカミンク (Neovison vison) や外来種のフェレット (Mustela putorius)、アメリカテン (Martes americana) 等にしてはちょっと大き過ぎるかも?フィッシャー (Pekania pennanti) であれば丁度いいかもしれません。

(フェレット)

(フィッシャー)

フィッシャーは北米の北部に生息するイタチ科の生物でミネソタであればテリトリーです。

フィッシャーは雑食性で小型の哺乳類から昆虫、木の実など食べますが、名前 (fisher, 「漁師」の意) に反して魚は基本的に食べません。

UMAの可能性は?

発見者の主張通り前肢がなくミイラ化しているにも関わらず目が腐敗していない怪物的生物、というのもいいですが、もう少し現実的なUMAとして考えた場合、20世紀初頭に絶滅したウミベミンク (Mustela macrodon) なんかいかがでしょう?

ヨーロッパからの移民たちに狩りつくされてしまった悲劇のミンクですが、アメリカミンクよりも一回り大きくサイズ的には悪くありません。

(参照サイト)
COAST TO COAST

(関連記事)
 21世紀以降もっとも話題となったUMA ~ モントーク・モンスター


 謎の四肢生物 ~ タイタスビルの怪生物



 中国で捕獲された生きているヒューマノイド生物

 ニュージーランドに流れ着いたドラゴンの骨格



 デボンのビーチに漂着した謎の生物の死骸

 クラスノウラリスクのスケルトン・フロッグ

新型コロナウイルスの媒介者だと? ~ センザンコウ


■新型コロナウイルスの媒介者? ~ センザンコウ

日本では一般的にはマイナーな生物と思われるセンザンコウ

そんなセンザンコウが今世界中で話題になっています。

いまだかつてセンザンコウにこれほど注目が集まったことはないのではないでしょうか。

とはいえ、話題になっている理由が「新型コロナウイルスの媒介者」としてです。

Nature誌によればセンザンコウが新型コロナウイルスと配列が90%一致するコロナウイルスを保持していることがわかったということです。

もともとセンザンコウは絶滅に瀕しており、8種すべてがワシントン条約により取引が禁止されています。

しかし、鱗 (うろこ) を漢方薬や媚薬、肉は珍味といった理由で密猟があとを絶たず非常に危機的状況にあります。

こういった鱗に薬効あるといった迷信 (実際薬効があるのかもしれませんが) や伝統食の前に「絶滅するから密猟をやめよう」といった啓蒙はほとんど無力です。

絶滅が危惧されていてもウナギを食べるのと同じです。

そこで今回の件を受けて、センザンコウの保護活動家は中国やベトナムを始めとする東南アジアに向け、野生のセンザンコウを食することは (新型コロナウイルス感染の) 危険があり密猟すべきではないと、別方向からアプローチします。

しかし鱗目当ての密猟者に「ウイルス根絶のため」という大義名分を与えてしまいかねず、逆にセンザンコウの密猟 (もしくは単に虐殺) に拍車がかかるおそれもあります。

いずれにしても現在のセンザンコウの置かれている立場は厳しいものです。

さて、せっかくセンザンコウが話題に上がったので、この生物を軽く見ていきましょう。

センザンコウ鱗甲目 (りんこうもく) という独自の目に分類されるれっきとした哺乳類ですが、その特異な鱗を身にまとうことにより以前は分類に混乱を招きました。

全身を包む切れ味鋭いその大きな鱗はまるでコイのそれのようです。

そのため中国では「竜鯉」インドでは「バジュールキト (密林の魚)」と呼んだことからも分かる通り、魚の一種と考えられていた時代もありました。

松かさにも例えられるその奇妙な鱗をアラビアでは樹皮に例えア「ブキルファ (樹皮の親父)」と呼びます。


英語圏では昔も現在もパンゴリン (Pangolin) と呼ばれますが、これはマレー語で「丸まるもの」を意味する "pengguling" に由来し、その名の通り身の危険を感じるとボールのように丸くなり尖った鱗を外側に向けて防御姿勢をとります。

食性はアリやシロアリなどの昆虫、そのためスケーリー・アントイーター (scaly anteaters「ウロコアリクイ」の意) とも呼ばれます。

子供は母親の背中や尾にしがみつきその姿はとても愛らしいです。

なんとか生き延びてほしいものです。

UMAにも興味のある方は、巨大センザンコウ、ヴェオの記事をご覧ください。


(参照サイト)
National Geographic
The Sun

(参考文献)
世界動物発見史 (ヘルベルト・ヴェント著)

(関連記事)


 尾で人間を持ち上げる? ~ クスクスがUMAだったころ

 小鳥と一緒にハチミツ狩り ~ ラーテル (ミツアナグマ)



 ポーランド王に謁見した謎の司教と魚のハイブリッド生物 ~ ビショップ・フィッシュ

 足と肉がなく空気から栄養を栄養摂取する鳥 ~ ゴクラクチョウ (フウチョウ)

 シナヘラチョウザメ (ハシナガチョウザメ) ついに絶滅する

 触れた者は痛みに耐えかね自殺する ~ ギンピ・ギンピ (ギンピー・ギンピー)


バイロン・ベイのパープル・ブロブ

(image credit by The Sun)

■バイロン・ベイのパープル・ブロブ

ここ1ヶ月ほどの間、フィリピンやマレーシア等、東南アジア各地にピンク色のクラゲが大量発生しているニュースが相次いでいます。

クラムビオネ・マスヒゴフォラ (Crambione mastigophora) という種で、通称「シー・トマト (sea tomato)」と呼ばれているクラゲだそうです。

(image credit by The Star)

傘の直径は25~30センチぐらいあるなかなかの大物ですが、うっすらとピンク色に染まった半透明の傘はかわいらしく見えます。

しかし、強風に煽られ大挙して海岸に押し寄せる様は薄気味悪く圧迫感を感じさせます。

ところ変わってオーストラリアのニュー・サウス・ウェールズ州の海岸沿いの町、バイロン・ベイ

この町の砂浜に打ち上げられた謎ブロブ。

「謎のブロブ」とはいえ、ゼリー状、円形、放射状に伸びる器官、この特徴から導き出される生物は?

そのほとんどはクラゲです (稀にそうでない場合もあるので注意)。

で、今回のはクラゲで問題ありませんが、なにクラゲか分かりますか?

自分は分かりませんでした。

正解はイボクラゲ (Cephea cephea)。

直径は50センチを超す大型のクラゲで、英語ではクラウン・ジェリーフィッシュ (crown jellyfish, 「王冠クラゲ」) とかカリフラワー・ジェリフィッシュ (cauliflower jellyfish) と呼ばれます。

クラゲなので刺胞 (毒針) を持ちますが、人間にはほとんど無害だそうです。

(参照サイト)
THE Sun
The Star

(関連記事)