2030年12月31日火曜日

このサイトについて


「くりぷと〜世界の奇妙な住人たち」は世界中のUMA(未確認生物)、不思議な動物や植物、巨大生物、そして奇妙な食材や料理などを紹介しているサイトです。

2030年12月30日月曜日

UMAとは?


このブログのメインコンテンツ、UMAについて簡単に説明します。

UMAとは "Unidentified Mysterious Animal" のそれぞれの単語から頭文字をとった略語で、「未確認動物/未確認生物」のことです。通常「ユーマ」と発音されます。

これはUFO (Unidentified Flying Object, 未確認飛行物体) をもじった一種の和製英語で、英語圏で使われることはまずありません。

英語圏では未確認動物のことを通常 "cryptid(s) (クリプティッド)"、未確認動物学のことを "cryptozoology (クリプトゾウオロジー)" といいます。

古典的なものではネス湖の怪獣 (ネッシー)ヒマラヤの雪男 (イエティ)ビッグフット、日本だとツチノコなんかが有名どころではないでしょうか。

UMAとは簡単にいうと「目撃情報があるものの存在が立証されていない野生動物 (もっと平たく言うと「未捕獲の新種の野生動物」(注1))」のことですが、実際のところ都市伝説的・オカルト的要素が強い生物がかなり含まれます。

そもそも未確認動物学という言葉はあれど、体系的に整っているわけではなく、たとえば鬼や河童といった民間伝承的生物や妖怪との線引きもあいまいです。

そういうわけでUMAと呼ばれるものは突き詰められると、ほとんどがアウト。

ですから「そんなへんてこりんな生き物が目撃されていたのか!」とあまり深く考えず、どこかでひっそりと暮らすUMAたちに寛大な気持ちで接してください。




(注1)
UMAのことを「未捕獲の新種の野生動物」と表現しましたが、実は絶滅したと思われている動物の目撃もUMAに数えられることがあります。

いまだ毎年のように目撃が続くタスマニアタイガーメガロドン、日本国内ですとニホンカワウソニホンオオカミなどがそれに当たります。

また、恐竜やその時代に生きた海生爬虫類 (たとえばプレシオサウルス) の目撃もUMAに数えられます。ネッシーなどがいい例でしょう。

2030年10月3日木曜日

Welcom to CRYPTO


旧サイト 「UMAファン ~ 未確認動物」からお越しと思いますが、どうもありがとうございます。

プロフィール書いてないわ、記事も少ないためカテゴリ分けもしてないわ、等々、まだ全然出来上がってはいませんが、まとまって読める程度の記事数をアップロードしたので、公開します。

旧サイトと記事の重複もありますが、コンセプト見直しにより、なるべく記事は短く読みやすいようにすべて書き直しています。

旧サイト同様、UMA関連の記事もありますが、それだけにこだわらないもう少し広い分野をカバーしていく予定です。

徐々に記事数を増やしていく予定ですので、今後ともよろしくお願いします。

2019年10月21日月曜日

ウッタラーカンドの恐竜のミイラ


(original image by hindustan time)

■ウッタラーカンドの恐竜のミイラ

2017年、インド、ウッタラーカンド州ジャスパーという小さな街で発見された恐竜のようなミイラ。

発見された場所は30年前まで発電所があった廃屋内ということです。

当時のニュースでは「恐竜の化石」を発掘となっていますが、実際のところ化石化しておらず、ミイラ状の死骸です。

もうこれはせいぜい数年前、最近死んだものであり、現代まで恐竜が生き残っていた (る) ということになります。

さてミイラを見てみましょう。

後肢が29センチということなので尾を含めない全長は40~50センチぐらいでしょうか。

頭部が大きく、後肢に比べ極端に前肢が短いため、ミニT-Rex的、つまり小型の獣脚類を彷彿とさせるシルエットになっています。

後肢が長く前肢が極端に短く感じるのは、後肢がまっすぐに伸びており、前肢が体の後方に上腕部が畳まれているからです。

実際に生きているときの姿は前後肢の長さがこれほど差があるようには見えないはずです。

また恐竜的シルエットに見えるもうひとつの原因は頭部がいったん後方に沿ってから立ち上がっているためです。

この2点で後肢2本で動き回る生物に見えるわけです。。

これらは意図的にそのように配置したというわけではなく、腐敗して不自然な形になったのだと思います。

そのあたりの配置をいじると、それほど不思議な生物ではなくなります。

おそらくマングースか、それに近縁の動物の死骸と考えられています。

(参照サイト)
hindustan time
DOUBTFUL NEWS

2019年10月20日日曜日

食用昆虫は現地から通販で買うとバカ安い

(届いた4品)

■食用昆虫は現地から通販で買うとバカ安い

昆虫食の見た目のインパクトは絶大で、個人的にも非常に興味のある分野です。

人口爆発が見込まれる近い未来、20年後、30年後は昆虫食がふつうになると繰り返し繰り返し報道されています。

昆虫は、現在メインとなる牛肉や豚肉、鶏肉に比べ、グラムあたりの栄養価が高く、しかも養殖費用も格段に低く抑えられる上に育つのも速いといいこと尽くめです。

見た目こそ非常にネックとはなりますが、小麦粉のようにパウダー状にすればそういったネガティブな要素も取り除けます。

が、現在のところ昆虫食が比較的メジャーな東南アジアであったりアフリカであれば安価で食べられますが、それ以外の国ではバカ高いです。

はっきりいって「超」がつく「高級品」「贅沢品」といっても決して過言ではありません。

グラムあたりで言えば、高級品の「代名詞」キャビアと比較しても遜色ありません。

管理人は日本の昆虫食ではメジャーといえるイナゴやハチノコすら食べたことなく、つまりなにも食べたことはありません。

旧サイトから変わった食材を頻繁にネタにしながらまったく食べたことがないというのは申し訳ないと思い、食べてみようと買ってみることにしました。

購入したのは日本でもアマゾンや楽天でメジャーな Thailand Unique 社のものです。

(こんな小包で届きます)

社名の通りタイの会社です。

こちらの商品を日本で買うと送料込みで安くても1品1600~1800円と高額です。

なにせ内容量が15~25グラムしか入っていないのですから、とんでもない高級品です。

そこで直接買ってみることにしました。

Fried Edible Pupae Mix (フライドサナギセット)
Fried Edible Silk Moth Pupae (フライドカイコのサナギ)
Mixed Edible Insects (昆虫セット)
Canned Queen Weaver Ants (女王つむぎアリの缶詰)

「女王つむぎアリの缶詰」は断りなくなぜか代替品 (缶詰ではなく袋詰め商品) が送られてきましたが、まぁいいです。

(梱包はこんな感じで簡易放送)

上から、$2.50、$2.50、$3.99、$2.90、合計で11.89+送料$8.40で$20.29、購入当時の為替相場で日本円で2.286円

同じ商品をアマゾンや楽天で購入すると6500~7000円ぐらいするので、まさに激安です。(というか日本が高すぎ)

送料を含まない商品だけの価格なら1300円ぐらいです。

とはいえ、直接購入するのをお勧めするかというと、そんなお勧めはしません。

海外から購入したことがある人なら分かると思いますが、遅延は当たり前、迷子になるわ、紛失するわ、紛失したって保証はないわ、安いなりにそれなりのリスクがあります。

送料のことを考えるともっとまとめ買いしたほうが断然お得なんですが、自分も紛失が怖いので海外からの購入は大抵2000円程度に収めているぐらいです。

注文から到着まで約10日程度ですが、発送しましたメールもなく、突然到着する感じです。

ちなみに、結局買ったはいいものの食べてません、、、、パッケージ見てるのは楽しいんですけどねぇ、、、、食べる勇気が出たら後日記事にしますね。

やっぱ昆虫食入門のミールワーム買おっかな、あれなら細っこくてカリカリしてるから食べられそうな気が。

ド短命 ~ ラボードカメレオン


■ド短命 ~ ラボードカメレオン

最近になって最大で512歳と考えられるニシオンデンザメの固体が見つかりましたが、507歳の二枚貝 (アイスランドガイ)、200歳級ではアカウニホッキョククジラメヌケなど、海洋生物にとんでもなく長寿な生物がいます。

一方、昆虫などには非常に短命なものもいますが、人間と同じ脊椎動物でありながら、寿命が半年に満たないド短命カメレオンがいます、マダガスカルに生息するラボードカメレオン (Furcifer labordi) です。

(参照:寿命たったの30分 ~ 1時間ブヨ)

(image by Wikipedia )

このカメレオン、四肢動物 (魚類を除いた脊椎動物) の中で最短の寿命といわれ、寿命は4~5ヶ月

ただし、同じくマダガスカルに生息する成体の体長が3センチにも満たない (オスは2センチ以下) ミクロヒメカメレオン (Brookesia micra) も寿命などあまり詳しいことは分かっていないので短命かもしれません。

おもしろのは1年中、この短いライフサイクルを繰り返すのではなく、いっせいに孵化し、いっせいに交尾し、いっせいに産卵して死んでしまうということです。

ラボードカメレオンが生息するこの地域の雨季は11月。

この時期にいっせいに卵から孵ります。

成長スピードが尋常でなく生まれてわずか2~3ヶ月程度、つまり生まれた翌年の1月には性成熟し、交尾・産卵を済ませて3月末までにオスもメスも死に絶えます。

次に見られるのは雨季である11月まで待たなければいけません。

完全に自然のサイクルにライフサイクルをシンクロさせており、人工飼育下でそのシンクロを断ち切ればもう少し長生きさせられるかもしれません。

(関連)
 寿命たったの30分 ~ 1時間ブヨ

4メートルのホオジロザメの頭部に咬み跡


■4メートルのホオジロザメの頭部に咬み跡

米国にOcearch (オーサーチ) という海洋生物研究団体があります。

その活動のひとつに、ホオジロザメを捕獲しタグをつけて海に戻し追跡調査を行うものがあります。

その一環でこのほど大西洋で捕獲された巨大なオスのホオジロザメ体長3.88メートル体重が527キロもありました。

Ocearch により、このサメはヴィミー (Vimy) と名付けられました。

(image by News.com.au)

奇妙なことに、このヴィミーの頭部にはわりと最近出来た「重症」ともいえる大きな傷がありました。

専門家によると、より大きなサメに頭部全体を咬みつかれた跡ではないかと推測されました。

この傷跡の大きさからヴィミーに咬みついたサメは、最低でも4.5メートル以上と見積もられました。

Ocearch会長のクリス・フィッシャー (Chris Fischer) 氏は、ヴィミーはメスを巡って他のオスと格闘したか、もしくはメスとの交尾中にメスに咬みつかれたかのどちらかではないかとの推測します。

実際のところ、Ocearch では過去に4.7メートル、941キロのメスのウナマッキ (Unama’ki) や4.87メートルのメスのメアリー・リー (Mary Lee)、2019年10月には5.18メートルのオス (タグをつける前に脱出されたとのこと) を捕獲しており、そのような大型のサメに咬まれた可能性は十分に考えられます。

ヴィミーは既にタグをつけて海に戻されています。

(参照サイト)
news.com.au

2019年10月19日土曜日

デボンのビーチに漂着した謎の生物の死骸

(image by The Sun)

■デボンのビーチに漂着した謎の生物の死骸

イギリス、北デボンウーラクーム (Woolacombe) のビーチに、巨大な謎の生物の死骸が打ち上げられました。

いわゆるUMA用語でグロブスター (謎の肉塊の総称) と呼ばれるものですが、多くのグロブスターが大きな山のような肉塊であることが多いのに対し、今回のものは細長い形状をした部分が目立ちます。

細長い部分は折れ曲がっていますが、まっすぐにすれば3メートル以上になるといいます。

グロブスターの正体は99%、ほぼ確実にクジラ、もしくは大型のサメ (特にジンベエザメウバザメ) と相場は決まっています。

ダイオウイカや巨大なタコといった巨大な頭足類などもありますが、本当にレアケースです。

今回のものは正体を探る手がかりとなる、頭部の形状が分かる部分やヒレといったヒントがあまり見当たりません。

実際に検証した人たちもあまりに腐敗が進行していてお手上げのようです。

かといってDNA鑑定までして正体を探るような気は誰にもなく、その正体として挙げられたのが、ウナギ、クジラの腸、ナマケモノ、果ては宇宙人と散々です。

細長い部分の先端がかなり先細りになっており、これがもし尾の部分であるとすれば深海性の巨大魚を彷彿とさせ、大きさ等を考慮すると全体として頭部のちぎれたリュウグウノツカイ (oarfish) の形状に似ているような気もします。

(参照サイト)
The Sun

スネーク・アイランドのボス ~ ゴールデン・ランスヘッド・バイパー


■スネーク・アイランドのボス ~ ゴールデン・ランスヘッド・バイパー

ブラジル最大の都市サンパウロから沖合へわずかに32キロのところに、通称スネーク・アイランドで知られるイーリャ・デ・ケマダ・グランデ島 (Ilha da Queimada Grande) があります。

スネーク・アイランドの名の通りヘビに占領された無人島です。

無数にヘビが生息するこの島において頂点に君臨するのがゴールデン・ランスヘッド・バイバー (Golden lancehead viper)。


「ゴールデン」の名が示すとおり体色は淡い黄色みを帯びた褐色、「ランスヘッド」とは「槍の頭」の意で、「黄金の槍の頭を持つ毒蛇」といったところです。

最大クラスで1メートルを超す程度、平均サイズでは70センチほどにしか成長しないヘビですが、体は太く体長以上に威圧感があります。

なんといってもゴールデン・ランスヘッド・バイパーの魅力?はその強力な毒です。

無人島の上、許可なしに立ち入り出来ないため、ランスヘッドによる咬傷事故の記録はありませんが、同族の猛毒蛇、カイサカが致死性の毒を持つことから同程度の危険性を秘めていると考えられます


この島でランスヘッドによる「咬傷事故がない」と書きましたが、都市伝説めいた逸話はあります。

船が故障し、意図せずこの島に流れ着いた漁師が、スネーク・アイランドと知らずに上陸し、無数のヘビたちに咬まれ自らの血の海の中で死んでいるのを発見された。

といったものや、

ここにはかつて灯台があり (実際にあります) 管理人家族が住んでいたのですが、ある日、住居の窓からヘビが侵入したため、パニックを起こした家族は住居の外へ散り散りと逃げ惑い、結局家族全員が島の異なる場所で死体で発見された、といったものです。

さて、こんな小さな島にも関わらずヘビだらけ、食料が枯渇してしまうんじゃないかと心配する人も多いはず。

実はゴールデン・ランスヘッド・バイパーの主食はこの島に訪れる鳥たちです。

(関連記事)
 猛毒 ~ スベスベマンジュウガニ

(参照サイト)
Daily Mail

負傷兵を救護 ~ マタベレアリ


■戦闘で負傷した仲間を救護 ~ マタベレアリ

アリほど獰猛な昆虫はそうそういませんが、それゆえ戦闘で負傷し死んでいくものも少なくありません。

そんな中、戦死者の数を少しでも減らそうと試みるアリがいます、アフリカに生息するメガポネラ・アナリス (Megaponera analis) ことマタベレアリ (Matabele ants) です。

マタベレアリはシロアリを主食とするアリで、日に3~5回もシロアリの塚に襲撃をかけます。

マタベレアリの戦闘能力は高い上、襲撃も200~500匹のアリたちがアリ塚を囲んでから一斉攻撃するなど襲撃準備も抜かりなく、シロアリが見ていてかわいそうなほど圧倒的な強さを発揮します。

とはいえ、シロアリもただ黙ってやられているわけではありません、彼らなりに最大限の抵抗をします。

(関連:老兵は爆発して城を守る ~ ムヘイシロアリ)

そうなると、マタベレアリも全員無傷で済むというわけにはいきません。

しかも1日3~5回という襲撃回数、それだけ戦闘を繰り返せば、戦場で傷つくアリたちの数も相当数に昇ります。

襲撃後、怪我を負い自力での巣に帰還出来なくなったマタベレアリたちがそこかしこに倒れています。

襲撃のたびに多くの負傷兵が死んでいくようでは、そのうち数が減少し襲撃プランに支障をきたします。


そこでマタベレアリたちは考え出しました。

負傷兵を助ければいいと。

倒れている負傷者たちはフェロモンを分泌し、仲間のアリたちに帰還不能のSOS信号を発信します。

マタベレアリの救護班はSOS信号を嗅ぎ取ると、怪我人たちの回収に向かいます。

巣穴に運ばれた怪我人たちは救護班に傷口を含む体全体を舐められますが、その唾液には感染症を防ぐ抗生物質に相当するものが含まれている可能性も示唆されています。

巣に運ばれた怪我人たちの80%は適切な治療なくしては24時間以内に死んでしまう重傷者たちですが、治療を受ければそのほとんどが治癒するそうです。

ここで興味深いのがより重篤な患者です。

治療で治癒される可能性を見込めるのは、足を1本、最大でも2本失ったものまでのようです。

それ以上の怪我を負ったものはSOS信号自体出さないか、もしくは救護班が助けに来ても暴れて回収されるのを拒否するそうです。

助けても無駄だと。

(参照サイト)
Gurdian

タスマニアタイガーは生きている


■タスマニアタイガー (フクロオオカミ) 生存説

絶滅した動物の目撃情報は、絶滅が宣言されたあともしばらく続きます。

日本でもニホンオオカミニホンカワウソなど、ごく稀にですが、それでも目撃情報はあります。

そんな中、タスマニアタイガー (英名サイラシン, Thylacine)の目撃情報の多さには驚くばかりです。

タスマニアタイガーが絶滅したのが1936年、それから80年以上も経過しているのに、いまだに毎年数件もの目撃情報が報告されます。

かつてタスマニアタイガー生存説について質問を受けた、オーストラリアのクイーンビクトリア美術館・アートギャラリーの館長、デビッド・メイナード (David Maynard) さんは生存説に否定的な理由をこう述べました。

「野生の個体が生き残っていたとしてもそれはせいぜい1950年ごろまでだったでしょう。最後のタスマニアタイガーは森の中で人知れずひっそりと息を引き取ったのではないでしょうか。

タスマニアでは膨大な数の野生動物が車に轢かれ死んでおり、その数は年間293,000匹ほどにもなります。

ですが、何十年もの間、その中にタスマニアタイガーはただの一匹も含まれていないんですよ」

現在でも絶滅した事実を覆す物的証拠は何一つ見つかっていません。

死体はもちろんのこと、糞であったり、足跡であったり、タスマニアタイガーの存在を間接的にでも証明してくれるものもです。

しかし、冒頭で述べた通り、現在でも目撃情報は絶えることはありません。

どうせ既知動物の誤認だろう、と思ってもなぜか期待してしまいます。

タスマニアタイガーのものと思われる足跡を見た、見慣れない背中に縞の入ったネコのような動物を見た、等々。

最近の「有力な」目撃情報には次のようなものがあります。

2019年2月と、本当にごく最近のことです。

目撃したのはタスマニアに訪れていたオーストラリア人カップル。

2人は車で移動している際に道路を横切ろうとする、背中にストライプ柄の入った「それ」を目撃しました。

「その動物は何度か車のほうに向き直ったんです。12~15秒ぐらいの間でしたが、その姿をはっきりと見たんです。わたしたち2人はその生物が100%サイラシンであったと確信しています。」

(参照サイト)
INDEPENDENT

スズメバチに擬態するカマキリ ~ ベスパマントイダ


■スズメバチに擬態するカマキリ ~ ベスパマントイダ

ペルー北部のアマゾン川近くで発見された新種のカマキリ、ベスパマントイダ・ハーレイ (Vespamantoida wherleyi)。

種小名は昆虫学者リック・ハーレイ (Rick Wherley) 氏に献名されたものです。


およそカマキリに見えないその姿は、この地域に生息するスズメバチの仲間に擬態しているそう。

見かけだけでなく、ハチのようにせわしなく行ったり来たりする動きも模倣しています。

全体としてはハチの姿でも、そこはカマキリ、前肢は通常のカマキリ同様、鎌状です。

2019年10月18日金曜日

巨大ミミズ ~ ディガステル・ロングマニ


■巨大ミミズ ~ ディガステル・ロングマニ (Digaster longmani)

ミミズのような細長い生物、いわゆるワーム系は気持ち悪がられる代表的な生物ですが、その一方、興味を引かれる生物であるのもまた事実。

さらにそれが巨大化しようものなら、みんな大好きです。

キモい、キモいも好きのうち、とはよく言ったもんです。

やはり身近にいるということから親近感が沸くのか、ワーム系の生物の中でも巨大ミミズはとりわけ興味を引くようです。

アフリカ、オーストラリア、北米、それぞれの大陸では固有の巨大なミミズが生息していますが、今回はその中から旧サイトでも紹介していなかったオーストラリアのディガステル・ロングマニ (Digaster longmani) を紹介します。

(ディガステル・ロングマニ image by Daily Mail)

オーストラリアの巨大ミミズ界のスーパースターといえば、旧サイトでも紹介したメガスコリデス・アウストラリス (Megascolides australis) と信じていますが、ディガステルもメガスコリデスほどではないにしろ、巨大になります。

生息するのはオーストラリア、クイーンズランド州のタンボリーン・マウンテン付近。

体長は1メートル以上と巨大ミミズとしてはそれほどでもないですが、直径が3センチとかなり太くなるため、ただ長くなるだけの種と比べると、非常に威圧感があります

何年か周期で浮上する「安いハンバーガーの肉の正体はミミズの肉が使われているから」といった都市伝説には説得力のあるボリューム感です。

ディガステルは行き当たりばったりの放浪生活ではなく、地中1メートル以上に定住するための「住居」を持ち、それゆえめったなことでは地表に現れません。

地表に出るのは大雨で住居が冠水したときぐらいだといいます。

それゆえ、人の目に触れることは稀であり、ほとんど生態についても分かっていません。

開発等による環境破壊により、かなり激減している可能性も否定できません。

ちなみに、巨大ミミズのギネス記録は、南アフリカ、ウィリアムズタウンの道端に落ちていたミクロカエトゥス・ラピ (Microchaetus rappi) が保持しており、伸ばしたサイズが6.7メートル、直径2センチ、重さ1.5キロだったといいます。

伸ばさないと半分の3.3メートルで、そもそもミクロカエトゥス・ラピはそこまで大きくなる種ではなく、ふつうだと1.5メートルほどだといわれています。

ミミズはモグラなどに食われたり、地上に出た際に車に轢かれたり、人間に踏まれたり、地中に戻れなくなって干からびる等、ほとんどが寿命を全うすることなく事故死するため、寿命がはっきりと分かっていません。

長命なものは余裕で10年を超えるんじゃないかといわれており、おそらく生きている間中、どんどん大きくなっていくものと考えられます。

99.999、、、%、人間の目に触れることなく死んでいくので、もっと巨大 (長い) ミミズが見つかってもおかしくないでしょう。

(参照サイト)
Tamborine Mountain Natural History Association Inc
Daily Mail