2019年10月30日水曜日

猛毒ワーム ~ ボネリムシ


 (image credit by YouTube "Pink Tank Scuba")

■緑色の猛毒不定形ワーム ~ ボネリムシ

これは緑色のからだを波打たせながら動き回るワーム生物、ボネリア・ビリディス (Bonellia viridis) です。

ボネリア・ビリディスユムシの一種で、ボネリムシの仲間です。

ふだんは水深10メートル以上に生息するため、目にすることは稀な生物です。

体長は5~15センチほど、ぶよぶよと体を変形させながら動くボネリア・ビリディスですが、これはすべてメスの姿です。

というのも、オスは無色透明なうえに体長3ミリ以下しかなく、メスの体内に取り込まれると同化してしまうからです。

生涯、オスは精子生産工場としての役割に専念し、2度と外界に出てくることはありません。

ボネリア・ビリディスの特徴であるこの緑色の体色は、かれら自身が生産するボネリンという色素です。

よくB級映画で毒を緑色のどろどろの液体で表現しますが、このボネリンはまさに緑色の猛毒物質で、エサとなる小さな生物を麻痺させることが出来ます。

(参照サイト)
PIYW
NEWS NETWORK

(関連記事)


0 件のコメント:

コメントを投稿