2019年11月1日金曜日

空飛ぶハリネズミ ~ ティジー・ウィジー


■空飛ぶハリネズミ ~ ティジーウィジー

UMAというと、たいてい怖いか気持ち悪いのいずれか (もしくは両方) に当てはまってしまいます。

少ないながら、そのどちらにも当てはまらない可愛いUMAもいます。

そのひとつがティジー・ウィジー (Tizzie Wizzie) です。

ティジー・ウィジーはイングランド、カンブリア州のボウネス (Bowness-on-Windermere) にあるウィンダミア湖 (Lake Windermere) 近辺に生息するといわれるUMAです。

ハチのような2対4枚の羽をもったハリネズミで、頭部には昆虫のような長い触角、そしてリスのようなふわふわした尾を持ちます。

19世紀末ごろ、もともとはウィンダミア湖の貸しボート屋の主人が、ボートの順番待ちで退屈している子供たちにしてあげた作り話がティジー・ウィジーの発祥といわれています。

そんな「架空」の存在であるはずのティジー・ウィジーですが、1906年に捕獲されたのです。

奇遇にも捕まえたのは貸しボート屋の孫だったといいます。

ティジー・ウィジーは逃げようとキーキー鳴いて暴れたため、温かいミルクとジンジャー・ビスケットを与えてなんとか落ち着かせ写真を撮ることに成功しました。

この写真こそティジー・ウィジー唯一のもので、当時ポストカードとして販売され人気を博したといいます (上記写真)。

撮影後、ティジー・ウィジーは飛んで逃げてしまったといいます。

その姿を見れば分かるとおり、UMAというよりは妖精のような存在です。

そんなティジー・ウィジーですが、「発祥」から100年以上経過した現在でも目撃談は続いています。

その多くは、おそらくは昆虫、とくにマルハナバチのような大きなハチの仲間を子供たちが見間違えたものでしょう。

ですがそれはウィンダミア湖とその周辺がティジー・ウィジーのような妖精が現れてもおかしくない、そんな気持ちにさせてくれる美しい自然が残っている証拠かもしれません。

(関連記事)
 誰も知らないアンデスオオカミ



 ジョージアで撮影されたヤング・ビッグフット

 空からミミズが降ってくる ~ ワーム・レイン

 ネズミの運命共同体 ~ ラットキング

 空から魚や蛙が降ってくる ~ ファフロツキーズ現象

■ ウェーンズバロの謎の足跡

0 件のコメント:

コメントを投稿