2019年10月31日木曜日

中国で捕獲された生きているヒューマノイド生物

(image credit by The Hidden Underbelly 2.0)
■中国沿岸を漂うヒューマノイド

中国の海岸近くを漂っていた奇妙なもので、中国人男性に拾われました。

シルエットだけであれば、手足の短い人間のような形をしています。

表面には細かい傷や凹凸があり、粘土細工の用でもありキノコのようでもあります。

これらは漂流中に傷つきそうなったのか、元々そういうものなのか判断できません。

一方、裏側はほぼぺったんこ、大きさを考えるとかなり薄っぺらです。

生物の死骸やなにかの残骸がたまたま人間のよう形作られたのだろう、ふつうはそう思います。

(image credit by The Hidden Underbelly 2.0)

が、驚いたことに、中国人男性によって首根っこ掴んで持ち上げられたこの塊は「足」のように見える部分を、まるで蝶が羽ばたくようなパタパタと動かします。

つまり生きているのです。

その正体を巡り議論が交わされました。

新種もしくは突然変異の海綿かヒトデ説。

動物学者であり、未確認動物学者のカール・シューカー (Karl Shuker) 氏は海綿の塊をこの中国人男性が「変形」させ、人間のような形にしているのではないか、と疑いをかけます。

また、ひどいものでは宇宙人は地球の深海に潜んでいる可能性があり、これこそその証拠である、といったもの。

しかし、単純にフェイクビデオではないかともいわれています。


(参照サイト)
LAD BIBLE
International Business Times

0 件のコメント:

コメントを投稿