2019年11月16日土曜日

体長43センチの巨大ゴキブリ ~ アプトロブラッティナ・ジョンソニ


■体長43センチの巨大ゴキブリ ~ アプトロブラッティナ・ジョンソニ (giant cockroach)

どこに行っても気の毒になるほどの嫌われ者、ゴキブリ。

ゴキブリが嫌われているのは先進国だけかと思いきや、そんなことはなく、昆虫食も一般的で先進国と比べると昆虫に寛容なアフリカ諸国などでもゴキブリは嫌われていると聞いたことがあります。

さて本題。

体長43センチの巨大ゴキブリ、アプトロブラッティナ (Apthoroblattina) です。

もちろん現存種ではなく絶滅種で、昆虫をはじめとする節足動物が巨大化した石炭紀に生息したゴキブリです。

旧サイトでも書きましたが、アプトロブラッティナの情報は極端に少なく、どこまで正確な情報か分かりませんが、でかいゴキブリいたんだなぁぐらいの気持ちで読んでください。

アプトロブラッティナ類は現時点で、7種ほど知られており、そのすべてがすべて大きくなるわけではありません。

巨大になるのはアプトロブラッティナ・ジョンソニ (Apthoroblattina johnsoni) で、こいつが体長43センチになります。

ちょうど洋式トイレの便座の蓋と同じぐらいです。

以前の情報では50センチ以上といわれていただけに、完全な化石ではなく断片から全長を推測している大きさかもしれません。

ただし、これだけ情報が少ないとアプトロブラッティナ・ジョンソニの化石がたまたまとりわけ大きかったということでもなければ、50センチ前後の個体がいても決して不思議ではありません。

ちなみに同じアプトロブラッティナ類でもアプトロブラッティナ・スルカタ (Apthoroblattina sulcata) なんて現存種と変わらない4.5センチしかありません。


2 件のコメント:

  1. 再開をずっと心待ちにしていました。
    ありがとうございます!
    楽しませていただきます。

    返信削除
  2. 優さん、コメントありがとうございます。
    ちょくちょく更新していきますの楽しんでください!

    返信削除