2019年12月31日火曜日

4メートルの絶滅巨大アカマンボウ ~ メガランプリス・ケエシ


■4メートルの絶滅巨大アカマンボウ ~ メガランプリス・ケエシ

今回はアカマンボウ (Lampris)。

まずは現世のアカマンボウを見ていきましょう。

うっすら赤みを帯びた金属光沢のシルバーボディに真紅のヒレがとても映えます。

シルエットはほぼ円形、左右に極端に扁平で名前の通りマンボウのような姿をしています。

しかしマンボウとはまったく異なるアカマンボウ目と呼ばれる種で、リュウグウノツカイアカナマダフリソデウオなどと同じ仲間です。

姿こそ違えど、上記の魚たちと配色はそっくりです。

よく目にするアカマンボウはせいぜい体長1メートル程度でしかありませんが、アカマンボウの最大種ランプリス・グッタトゥス (Lampris guttatus) は最大で2メートル、270キロにまで成長する巨大魚です。

生態は謎だらけでほとんど何も分かっていませんでしたが、最近の研究で魚類唯一、血液温度を一定に保つ機能を有していることが分かっています。

この機能のおかげで脳と目が体温より2度ほど高く保つことが可能であり、生息域の最大水深である水深500メートルの低水温においても脳と目を正常に機能させることができるといいます。

日本では利用されることはまだ少ないようですが、赤身部分は見た目だけでなく味もマグロそっくりなためネギトロに利用したり、切り身としてマンダイとして売られたりしているようです。

さてアカマンボウの絶滅種、メガランプリス・ケエシ (Megalampris keyesi) です。

メガランプリス (Megalampris)」という属名ですが、現世のアカマンボウの属名「ランプリス」に「メガ」をくっつけたもので「巨大なランプリス」の意です。

ちなみにランプリス自体は「ブリリアンス (鮮明)」の意です。

メガランプリス・ケエシは2600万年前の漸新世後期の地層から発見された魚類で、断片しか見つかっていないものの完全であれば驚愕の体長4メートルに達すると考えられています。

ただしまわりはもっとでかい魚がうようよの時代ですし、現在のアカマンボウの食性 (イカ、クラゲ等) から考えて、凶暴な魚だったとはとうてい考えられず、この大きさにして大型魚にやすやすと捕食されていたかもしれません。

ちなみにメガランプリスという属名は現在は無効になっており、この巨大魚の分類は実は不明なんですね。

(関連記事)

 シナヘラチョウザメ (ハシナガチョウザメ) ついに絶滅する


 4メートルの巨大亀 ~ スチュペンデミス・ゲオグラフィクス

 最大のイカはどれぐらいある? ~ コロッサル・スクイッド (ダイオウホウズキイカ)

■ 巨大ホオジロザメを丸呑みする新種の巨大ザメが存在する

 3メートルの超巨大二枚貝 ~ プラティセラムス




 巨大ベレムナイト ~ メガテウシス・ギガンティア

 謎の巨大ハイブリッド昆虫 ~ ギガティタン


 聖なる魚は3メートルに育つ ~ オヒョウ

 一大センセーションを起こした謎の巨大魚 ~ ウモッカ

 イカはアホみたいに頭がいい


0 件のコメント:

コメントを投稿