2019年11月17日日曜日

放射能漏れのミュータント ~ サンオノフレ・クリーチャー


■原子力発電所跡に流れ着いた謎の漂着生物 ~ サンオノフレ・クリーチャー

サンオノフレ原子力発電所 (San Onofre nuclear power plant)。

アメリカ、カリフォルニア州で2013年まで稼動していた原子力発電所です。

この発電所跡に程近い砂浜に謎の生物が漂着したことから、その正体として定番の放射能の影響によるミュータント (突然変異体) 説が流れました。

(image credit by anomalien)

発見したのは愛犬と砂浜を散歩していたアメリカ人男性。

体色は濃い紫色で口か肛門か分かりませんが大きな開口部があり、4つの短い触角のような突起が確認できます。

大きさが書いていませんが、犬の足と一緒に写っている写真から判断してそれほど大きい生物ではないようです、30~50センチ程度でしょうか。

(image credit by anomalien)

男性が画像をフォーラムにアップしたところ、前出の通り、放射能汚染によるミュータント説がささやかれたものの、評論家 (なにの?) たちは深海の未発見の生物ではないかとの見解だといいます。

確かに一見したところでは奇妙には見えますが、ミュータントや未知の深海生物というほど奇妙ではありません。

たぶんアメフラシの仲間ではないでしょうか。

(参照サイト)
anomalien.com

(関連記事)
 巨大透明エビ ~ ジャイアント・システィソマ

 クラスノウラリスクのスケルトン・フロッグ


 コルフ島のミステリアス・ハイブリッド・クリーチャー

 マリブビーチのグロブスター

 ニュージーランドに漂着した巨大ゼリー状生物

0 件のコメント:

コメントを投稿