2020年4月30日木曜日

スピノサウルスは遊泳が得意であった説

(image credit by National Geographic)

■スピノサウルスは遊泳が得意であった

ティラノサウルスほどではないにしろ、巨大な獣脚類としてスピノサウルス (Spinosaurus aegyptiacus) の知名度はかなり高いものと思われます。

特に「スピノサウルス (Spinosaurus「棘トカゲ」の意)」という学名の由来ともなった背中の巨大な棘状の突起はインパクト絶大で、恐竜に興味のない人でもその姿を一度見れば忘れることはないでしょう。

しかし知名度の割に、見つかっている骨格は不完全であり、その復元された姿はその時代や復元した研究者によりかなりばらつきがあります。

そんな中、2014年頃からニザール・イブラヒム (Nizar Ibrahim) 博士らが提唱しているスピノサウルスは泳ぎが得意であった (= 半水生恐竜) という自らの仮説を大きく前進させる研究論文を発表しました。

これが有力な説と認められれば、スピノサウルスの復元もまた手を加えられることになるでしょう。

長きに渡り謎であったスピノサウルスの尾の形状ですが、イブラヒム博士らで構成される国際研究チームによりほぼ完全な形で発見されました。

(image credit by CNN)

その尾は上下に幅広く、非常に独特な形状をしています。

当然ながら尾の付け根から先端に向かって断面積は縮小していきます。

しかしそれは左右に扁平していくだけで上下の幅は付け根から先端までほとんど変わらず幅広を維持します。

つまりはパドルのような形状をしており、付け根の太さはパドル状の尾を動かすに十分な筋肉量をもつということを意味します。

この形状で尾を復元し水中内で実験を行ったところ、他の獣脚類の尾に比べスピノサウルスの尾のほうが8倍以上の推力を生み出し、2倍以上効率がよいことが分かりました。

スピノサウルスは頭部や歯の形状から以前より魚食性の強い獣脚類という位置づけでしたが、今回の研究結果により、イブラヒム博士はスピノサウルスが魚食性の半水生恐竜という自らの見解にさらに自信を深めたことでしょう。

(20世紀初頭から長らく君臨したスピノサウルスの旧復元図)
(image credit by Dinosaur-discourse)

2年ほど前、カナダ、アルバータ州のロイヤル・ティレル古生物学博物館 (Royal Tyrrell Museum of Palaeontology) の学芸員、ドン・ヘンダーソン (Don Henderson) 氏らの研究グループはイブラヒム博士のスピノサウルスが半水生生活を送っていたという説を真っ向から否定しています。

コンピューターを使った最新のシミュレーションにより、スピノサウルスは水中に潜っても浮力が強すぎ体が浮いて横倒しになってしまい到底水中で安定した姿勢を保てなかった、つまり「泳ぎが下手 = 半水生恐竜ではない」これがヘンダーソン氏ら研究グループの結論です。

魚食性が強かったことは否定しておらず、足のつくような浅瀬で魚を獲っていたに違いないが陸生の有能なハンターであった、というのがヘンダーソン氏らの見解です。

しかもヘンダーソン氏は非常に挑発的でした。

「わたしたちの見解に対し新たな証拠をもって反証できないのであれば、イブラヒム氏らの説は『暗礁に乗り上げている』ということになります」

当時、ヘンダーソン氏の見解に対し電話インタビューで多くを語らなかった (「真実はつまるところ、コンピューターの中ではなく骨の中にある」) イブラヒム博士でしたが、今回の新説はこの挑発的メッセージへのアンサーともいえるかもしれません。

ヘンダーソン氏は今回イブラヒム博士らが示した「新たな証拠」におそらく腸 (はらわた) が煮えくり返っていると思われ、近いうちに真っ向から否定してくるでしょう。

まだまだこの論争は長引きそうです、アナログ派 (イブラヒム氏) vs デジタル派 (ヘンダーソン氏) という興味深い対決です。

みなさんはどちら派?

----- おまけ -----

(この初期復元図はおそらくフェイク)
(image credit by )

上記のスピノサウルスの初期復元図はただのゾウアザラシにしか見えませんがおそらくフェイクでしょう。

レトロ調に描かれていますが岩や波の模様、からだのシルエットの切り出しがデジタル調なのでペイントのようなもので描いたものと思われます。(違ってたらごめんなさい)

(参照サイト)
CNN
PeerJ
National Geographic
THE READER OF WIKIPEDIA

(関連記事)

1 件のコメント:

  1. 確かアザラシ風は単純にスピノサウルスの復元を皮肉ったネタ絵だったはずです。

    返信削除