2020年4月13日月曜日

幾度の捕獲作戦も失敗、伝説の巨大亀 ~ ビースト・オブ・バスコ


■幾度の捕獲作戦も失敗、伝説の巨大亀 ~ ビースト・オブ・バスコ

アメリカ、インディアナ州のチュルバスコ (Churubusco) では毎年6月になるとタートル・デイズ (Turtle Days Festival) というフェスティバルが行われます。

今年 (2020年) で71回目、タートル・デイズの名前の通り「亀」を祝うお祭りで、カーニバルやパレード、ミスコン、花火大会、亀のレース等々、4日間に渡って大々的に行われます。

なにを隠そうこのフェスティバル、実はUMAの巨大亀を祝っているのです。

それは今から100年以上も昔の1898年に遡ります。

オスカー・ファルク (Oscar Fulk) なる農民がチュルバスコの湖で巨大なカメに遭遇します。

ファルク氏は絶滅した先史時代の巨大亀に遭遇したと主張しました。

(スチュペンデミス・ゲオグラフィクス)
(original image credit by Jaime Chirinos)

(4メートルの巨大亀 ~ スチュペンデミス・ゲオグラフィクスの記事はこちらをどうぞ)

それからちょうど50年後の1948年、オーラ・ブルー (Ora Blue) とチャーリー・ウィルソン (Charley Wilson) が同じ湖で巨大なカメに遭遇します。

二人の証言によればこのカメの大きさは手こぎボートぐらいあったといい、500ポンド (約227キロ) はあっただろうと主張しました。

このときの湖の所有者はゲイル・ハリス (Gale Harris) なる人物でしたが、ハリス氏もまたダイニングルームのテーブル大のカメに遭遇したと主張しました。

この一連の目撃事件はマスコミが取材したことにより全国区となり、翌年には「ビースト・オブ・バスコ (Beast of Busco)」として世界に知れ渡ることになります。

そしてこのカメは最初の目撃者であるオスカー・ファルク氏にちなみ「オスカー (Oscar)」という愛称で呼ばれるようになりました。

ちなみにオスカーの正体は世界最重量の淡水ガメであるワニガメ (Macrochelys temminckii) と考えられています。

ワニガメの最大公式記録は甲長 (甲羅の長さ) 80センチ、113キロ、非公式なものを含めれば1937年にカンザス州で捕獲された183キロが最重量記録となります。

上記の「500ポンド (約227キロ)」という数字は実際に量ったものではなく、あくまで見た目でそれぐらいあったと主張しているだけですが、非公式記録の183キロが本当であるとすればあながちありえない数字でもありません。

世界中に知れ渡ったオスカーをひと目見ようと、多くの人がそしてマスコミがこの湖にやってきました。

とはいえ、その大きすぎるカメの目撃情報は馬鹿げていると嘲笑の的ともなりました。

ハリス氏は酒も煙草もやらない教会に通う敬虔 (けいけん) で実直な人物として有名だったこともあり、嘘つき呼ばわりされることは耐え難い屈辱でした。

そのためハリス氏はオスカーが実在することを証明するために本格的な捕獲作戦に乗り出します。

スタンダードな金網の捕獲作戦に始まり、ダイバーによる湖中の捜索作戦、クジラ用の銛 (もり) での捕獲作戦、ダイナマイト爆破作戦、メスのウミガメを使ったセクシーウミガメ誘惑作戦等々、作戦は支離滅裂な方向へとエスカレートしていきます。

クジラ用の銛、ダイナマイトの使用から、作戦成功の暁にはオスカーの死亡は確定です、また、オスカーの正体をワニガメと推測しながら、ウミガメを用意するあたりに精神的な混乱も見受けられます。

いずれの作戦も失敗に終わったハリス氏は全財産を投げ売っての賭けに出ました。

一世一代の大博打。

ハリス氏は最終手段としてテレ東に先立ち「湖の水ぜんぶ抜いちゃいました作戦」という究極の作戦を実行する決意を固めたのです。

ハリス氏は確信していたのです、湖には巨大ガメ、オスカーが「確実に」存在することを。

であれば湖の水をぜんぶ抜けば必ずヤツはそこに現れるはずです。

しかし、しかし、、、ハリス氏に女神は微笑むことはありませんでした。

作戦のさなかハリス氏は虫垂炎 (盲腸) で入院、さらに湖の水を排水していたポンプが故障、排水によりあと少しというところまで下がっていた水位もダムの放水により元に戻ってしまい作戦はあえなく失敗、ハリス氏は破産、湖もろともすべての土地を失ってしまいました。

カメの専門家であるラスティ・リード (Rusty Reed) 氏は当時のことを推測しこういいます。

もしオスカーが伝えられるような500ポンドもあるワニガメだったとしたら、排水の際に浮力を失われ自重で柔らかい湖底の泥にズブズブと沈んでいってしまったのではないかと。

もしかすると喧騒のさなか、オスカーは秘密の地下道を通ってどこか別の湖に行ってしまったのかも、なんて想像する人もいます。

オスカーは実在したのか?そもそもオスカーの正体は本当に大亀だったのか?

それは誰にも分かりません、ただしハリス氏の全財産を投げ売っての数々の捕獲作戦をみれば、かれがその湖で「得体のしれないとてつもないなにか」を見たことだけは確かでしょう。

(参照サイト)
TurtleDays.com
Midwest Guest

(関連記事)
 実在した伝説の大亀 ~ ホアン・キエム・タートル





 頭部から角の生えたクサガメが展示される




 ポーランド王に謁見した謎の司教と魚のハイブリッド生物 ~ ビショップ・フィッシュ

 実在する可能性が高いワニとカエルのハイブリッド ~ クロコダイル・フロッグ

 ナイジェリアの竜脚類系UMA ~ ムボコロコロ



 武漢の巨大ヒキガエル ~ ウーハン・トード

 アフリカのT-REX ~ カサイ・レックス


 人間サイズの巨大ヒヒ ~ ディノピテクス・インゲンス

 地球上に存在しない生物の化石 ~ モンゴララクネ・チャオヤンゲンシス


 1922年、群衆が見た怪生物 ~ リムリック・シー・モンスター


2 件のコメント:

  1. 池の水全部抜くでも亀は基本泥の中だものねえ。

    返信削除
  2. ハリスがかわいそうでなりません(笑)

    返信削除