2024年3月11日月曜日

1970年代、小さな町を震撼させたオークランド・クリーチャー


■1970年代、小さな町を震撼させたオークランド・クリーチャー

アメリカ、ネブラスカ州オークランド (Oakland)。

オークランドという地名はアメリカにいくつも点在しており、日本の多くの人はこの地名を聞いてカリフォルニア州の都市を思い浮かべるのではないでしょうか。

カリフォルニア州のオークランドの人口は40万人を超す大都市ですが、今回の舞台であるネブラスカ州のオークランドは人口わずか1300人足らずの小さなコミュニティです。

ネブラスカのオークランドはその地にスウェーデンの総領事があることからアメリカとスウェーデンのきずなを繋ぐ役割を担い、ネブラスカのスウェーデンの首都 (Swedish Capital of Nebraska) とも呼ばれます。

1974年のほんの2ヶ月ほどの間、この小さなコミュニティが全米の注目を浴びることになります。

それは前触れもなく1974年の独立記念日 (7月4日) の未明に始まりました。

22エーカーの広い農場を持つ営む若き20代のデール・ジョーンズ (Dale Jones) さんとその妻リンダさんは今まで聞いたことのない奇妙な悲鳴によって目を覚ましました。

飼い犬のジャーマンシェパードも激しく吠えていました。

豚たちに何か起きたのだろうか?

ジョーンズ夫妻の農場には豚舎もあったからです。

未明ということもあり外はまだ薄暗かったためデールさんは懐中電灯を手に自宅近くの豚舎へと向かいました。

しかし、豚舎を一通り見て回りましたが特にこれといった異常は見つからなかったため自宅へと戻ろうと豚舎を出ました。

するとまたあの眠りを妨げた奇妙な悲鳴を耳にしたのです。

その音は豚舎から聞こえたものではありませんでした。

恐怖を感じたデールさんは駆け足で家へ戻るとバットを手にし再び外へと飛び出すと100メートルほど先に「人影」のようなものを目にしました。

「それ」は二本の足で立ち、ジョーンズ夫妻の家とは反対側に向かって走り去りました。

まだ薄暗かったためそれがなんであるかははっきりと確認することはできませんでした。
かのビッグフットか?

小さなコミュニティです、この怪物の噂は瞬く間に住民の間に広まりました。

誰一人として知らないものはなく、町は怪物の話でもちきりとなりました。

UMA史上、もっとも有名な動画のひとつ、ビッグフットの歩く姿を収めたパターソンフィルム (パターソン・ギムリン・フィルム) の発表(1967年)からそれほど時が経っていなかったのも原因のひとつでしょう。

(image credit by Wikicommons/Public Domain)

噂が広がると、数日で目撃者は爆発的に増えました。

オークランド・クリーチャーの体長は6フィート (1.8メートル) ほど、クマのような体つきだが頭部は類人猿に似ているといい、まさしくその姿はビッグフットでした。

あるティーンエイジャーのグループは真夜中に森に隣接する墓地で二足歩行する怪物に出くわし、持っていた爆竹に火をつけ怪物に投げつけ退散させました。

彼らが警察にそれを通報すると警察犬を連れた警察が動き出すまでとなりました。

しかしその年のオークランドの夏は酷い旱魃で、干上がった地面には足跡ひとつ見つけることができませんでした。

当時13歳だったニック・ウィックストロム (Nick Wickstrom) さんも朝刊の配達中に奇妙な悲鳴を聞いた一人です。

それだけでなく、後日彼は父と弟と車に乗っている際にも道を横切る見たことのない生物を目撃しました。

オークランド・クリーチャーに違いありません。

その噂は町を飛び出し、テレビ局や新聞社がこの小さな町に訪れるまでになりました。

目撃者の数は日増しに増えていきましたが捉えどころのないこの生物は神出鬼没であり捕まえることはおろか、その姿をはっきりと見た人もいませんでした。

そして夏が終わりを告げ9月に入るとその姿を見ることはなくなりました。

目撃されていたのは期間にして2ヶ月ほど、オークランドのビッグフットはその後2度とこの町に姿を現すことがありませんでした。

その正体はなんだったのか?

月並みに考えれば気紛れなアメリカグマ (アメリカクロクマ, Ursus americanus) が夏の間ちょっとばかりオークランドに立ち寄っただけの話だったかもしれません。

オポッサムだったのではという説もあります。

(キタオポッサム)
(image credit by Wikicommons)


オポッサムは北米に生息する有袋類でネコほどの大きさしかなく、最大種のキタオポッサム (Didelphis virginiana) の最大個体ですら5キロぐらいしかないため、ビッグフットと誤認することはないでしょう。

オポッサム説があるのは車の前を横切った謎の生物を家族3人で目撃したうちのひとり、ニック・ウィックストロムさんの発言からです。

新聞配達員をしていたニックさんはその後アメリカ海軍に入隊し、そして退役し現在に至ります。

半世紀近く前に目撃したオークランド・クリーチャーとの遭遇をこう回顧しています。

「少なくとも今までに出会ったことのない生き物でしたね。尾はなかったと思います。後肢はわたしたち人間の脚に似ていました。ですが、今考えるとそれはオポッサムだったかもしれません、とびきり大きなね。

ただ実際のところそれがなんであったか本当のところは分かりません。ご存じの通り、わたしは田舎の子供でしたから付近に生息する動物たちはみな知っていました。ですがそいつはどれにも当てはまらなかったんです」

(参照サイト)

(関連記事)



 ジョージアで撮影されたヤング・ビッグフット



 メキシコで謎の巨人が撮影される ~ ウアステカ・ポトシーナのジャイアント


 半人・半山羊のヒューマノイド ~ レイク・ワース・モンスター (ヤギ男)

■ ウェーンズバロの謎の足跡





1 件のコメント:

  1. 更新再開ありがとうございます。
    楽しみにしてました

    返信削除