2020年8月11日火曜日

闇より黒い巨大な獣人が目撃される ~ リンカンシャーのジャイアント


■闇より黒い巨大な獣人が目撃される ~ リンカンシャーのジャイアント

イングランド東部のリンカンシャー (Lincolnshire) にあるハンバーサイド空港 (Humberside Airport)、この近くを走る幹線道路A18を横切る巨大な獣人が目撃されたといいます。

巨人とは書きましたがいわゆるビッグフット等と同じ「獣人」に分類されるUMAでしょう。

身長は10フィート (約3メートル) もあり、全身は「闇より暗い (darker than the night)」と表現されるほど真っ黒なことが特徴です。

目撃したのはポッドキャストで自身のパラノーマル番組「レルム・オブ・ザ・スーパーナチュラル (「超自然現象の王国」Realm of the Supernatural)」をもつリー・ソルウェイ (Lee Solway) 氏の友人にして同ポッドキャストの共同主催者であるフィンチー・マクフィンチ ('Finchy' McFinch ) 氏です。

正確に言えばフィンチー氏の車に同乗していた年配の夫婦がはじめに「それ」に気付き、夫婦に促されてフィンチー氏も目撃したというわけです。

フィンチー氏から話を伝え聞いたソルウェイ氏は語ります。

(道路のど真ん中に散乱した鹿の足)
(image credit by Lee Solway)

「フィンチーはそいつを見て最初ゴーストと思ったらしい。

だがよく見てみるとそいつは人間みたいな形をしていて、そして『闇よりも黒かった』というんだ。

フィンチーたちは「やつ」がちょうど道路 (A18) を横切ろとしているところを目撃したらしい。

その翌日かれらに同行して現地に向かったんだ、そしたら近くの道路脇の生け垣に穴があったんだよ、あれは何かが通った跡かもしれないね。

そしてその後すぐのことだけど、道路のど真ん中に鹿の足が2本落ちているのを発見してフィンチーが写真を撮ったのさ。

奇妙だろ?

うまく撮れてるとは言い難いけど車の中からの撮影だったしフィンチー自身もちょっと動揺してたからね。

密猟者の仕業だろってみんな思うかもしれないけど、そう確かに、でも幹線道路のど真ん中に車を停めて鹿を解体しているやつなんているわけないだろ?」

目撃した真っ黒な巨人 (獣人) と生け垣の穴や落ちていた鹿の足が何らかの関連を持つのではないか、というのがソルウェイ氏の推測です。

要するに穴は巨人の足跡か何かであり、鹿の足は巨人によって惨殺された残骸ではないかということを示唆したかったのでしょう。

どれぐらいの距離で巨人を目撃したのか、その巨人はどんな歩き方だったのか等、夜間の目撃ということ、巨人があまりに黒すぎるということでその詳細がほとんど分かりません。

但しそれ以前に、目撃者たちが「超自然現象」の専門家というのが出来すぎている感じがして一連の目撃事件を訝 (いぶか) しむ人もいるかもしれません。

そういったことも考慮してでしょうか、ソルウェイ氏は同様の目撃事件が報告されないものかと期待しています。

(参照サイト)
HullLive
The Mirror

(関連記事)


 メキシコで謎の巨人が撮影される ~ ウアステカ・ポトシーナのジャイアント



 腕のない2本足のモンスター ~ フレズノ・ナイトクローラー

■ ウェーンズバロの謎の足跡











2 件のコメント:

  1. 荷崩れした新巻ジャケにしか見えなかった。

    返信削除
  2. はは、確かに。
    この解像度じゃなにか分かりませんよね、かといって鮮明で鹿の足ってはっきり分かっても気持ち悪いですけどね。

    返信削除