このブログを検索

2020年8月10日月曜日

ノックをしては消え失せる謎の怪生物 ~ カナムクラムのナイト・ノッカー


■ノックをしては消え失せる謎の怪生物 ~ カナムクラムのナイト・ノッカー

インドのケーララ州、トリシュール地区のカナムクラム (Kunnamkulam) で非常に不思議な事件が起きました。

21時を過ぎ、夜の帳 (とばり) が下りると、それを待ち構えていたかのように民家にノック音が響き渡るのです。

ドンドンドンッ!

何者かが玄関の扉を、ときには窓ガラスを叩くのです。

玄関を開けてみてもそこには誰もおらず、鳴った窓の方を見てもやはり人影はありません。

特別な呼称のないこのノックをする主を「カナムクラムのナイト・ノッカー  (Night knocker)」と呼ぶことにしましょう。

確かにナイト・ノッカーはとらえどころがありませんが、いわゆるポルターガイストのような「超自然的現象」でないことは分かっています。

実態のある「なにか」が叩いているのは分かっているからです。

非常にレアですが逃げ去る「なにか」を目にした目撃者も存在するからです。

目撃証言が極めて少ない理由は、それが真っ暗な田舎の夜であり、そしてナイト・ノッカーが優れた敏捷性を持ち合わせているためです。

自宅の扉をノックする音がしたかと思うと、瞬く間に隣家をノックする音が聞こえるという情報も少なくありません。

2階の窓をノックすることさえあります。

2階の窓をノックする音に気づき窓に近寄ってみるとナイト・ノッカーはテラスを走りマンゴーの木に飛び移ると、瞬く間に滑り降りて逃げおおせてしまったといいます。

ただしナイト・ノッカーの姿はっきりと目撃した人物は存在せず、ただ「黒い人影」とだけ形容されます。

みな一様に暗くてよく分からなかったと口を揃えます。

これもおそらくは実際に田舎の夜は暗いという物理的な要因であり、超自然的減少の影響ではないでしょう。

一説にはその「黒い人影」の背丈は6フィート (約1.8メートル) ほどあったといいます。

(モンキーマン)

少し話はそれますが、モンキーマン (Monkey-man) はご存知でしょうか?

おそらく古くからのUMAファンであれば確実に知っているであろうUMAで、インドの首都ニューデリーで起きたUMA騒ぎの張本人です。

モンキーマンは身長4~5フィート (約1.2~1.5メートル) の小柄な獣人系UMAで、目撃情報を総合すると「金属製ヘルメットを被ったサル」といったものです。

小柄ですが油断はできません。

金属製のカギ爪を備えているといったものもあり、非常に好戦的だからです。

しかし膨大な数の目撃証言に加えモンキーマンに襲われたと主張する人も多数いながら、その存在を証明できる物的証拠はただのひとつもありませんでした。

目撃スケッチを見ると笑ってしまいますが、モンキーマンが襲ってきたと思った住人たちの中にはモンキーマンから逃げようと、階段から転げ落ちたり、建物の最上階から飛び降りたりしたことで怪我どころか死者まで出ており冗談では済まされない大変な騒ぎとなりました。

結局は時間とともに騒動は収束し、それは一種の集団ヒステリーだったのではないかと考えられています。

前例を踏まえると、今回の件も極度の緊張感から夜間に聞こえる物音すべてをナイト・ノッカーに関連付けてしまっている可能性は否定できません。

幸いなことに、現時点ではナイト・ノッカーによる襲撃、器物の破損、盗難等は報告されておらず、また、それに伴うけが人などもいません。

しかし現在新型コロナウイルスで揺れるインドではもっと現実的な別の問題が出てきているようです。

コロナ禍でロックダウンを実施しているものの、ナイト・ノッカーを捕まえようとロックダウンを無視して外出する輩が増えているからです。

こちらもモンキーマン同様、間接的理由で死者が出ないとはいい切れません。

(参照サイト)
Mathrubhumi

(関連記事)






 湖から半魚人が現れた ~ テティス湖の怪物


 半人・半山羊のヒューマノイド ~ レイク・ワース・モンスター (ヤギ男)

■ ウェーンズバロの謎の足跡



 恐竜が滅びずに人類のように進化したとしたら? ~ 恐竜人、ダイノサウロイド


 30年ぶりに帰ってきたトカゲ男 ~ リザードマン2008



 1978年ジャイアント・カンガルー襲撃事件は本当にあったのか


0 件のコメント:

コメントを投稿