2019年10月18日金曜日

ペニスから侵入!殺人ナマズ ~ カンディル


■ペニスから侵入!殺人ナマズ ~ カンディル

殺人ナマズと聞けば、やはりオオナマズの仲間を想像します。

最大サイズが2メートルとも3メートルともいわれるヨーロッパオオナマズメコンオオナマズピライーバなど、水鳥や水辺近くに来た子犬を丸呑みした、なんて話は聞きますし、物理的に人間の赤ちゃんであれば丸呑みしてもおかしくないほどの大きさがあります。

しかし、ほとんどの人食い目撃談は都市伝説の域を出ません。

本当に恐ろしいのはそんな人間よりも大きなオオナマズたちではなくカンディルだといいます。

カンディルとは南米に生息するトリコミクテルス科セトプシス科の2つの科に属するナマズたちの総称です。

大型種でも30センチ程度であり、小型種であれば数センチしかありません。

カンディルと総称されるナマズたちの中には学名に「カンディル」を含むヘミセトプシス・カンディル (Hemicetopsis candiru) という正真正銘のカンディルも含まれます。

(image by Wikipedia)
その中でもっとも恐れられているのが、小型のカンディルバンデルリア・シルローサ (もしくはバンデルリア・シルホーサ) (Vandellia cirrhosa) という種です。

このカンディルたちの体は細長い円筒形で、体が透き通ってさえいます。

ナマズというよりはワームの仲間といったほうがしっくりくるほどナマズとはかけ離れた姿をしています。

かれらはナマズとしてというより、脊椎動物として特異な寄生生活をおくる生物で、多勢で魚に押し寄せ鰓ブタから侵入し血液を吸って生活します。

そしてこのカンディルが恐ろしいのは人間の体内に侵入してしまうことがあるからです。

この寄生性カンディルはアンモニアに反応して魚の鰓ブタに侵入するのですが、条件反射的に人間の尿にも反応してしまいます。

現在の日本などではあまり考えられませんが、現在でも川に入って用を足すような文化の人々もたくさんいます。

そういった際に運が悪ければカンディルの侵入を許してしまうのです。

カンディルの侵入時は激痛が走るといわれますが、気付いたときは手遅れ、カンディルの鰓ブタは返しの役割を担っており、つまり一方通行、抜くことは出来ないのです。

唯一の除去は手術のほかなく、ショック死した人さえいるといわれています。

しかし安心してください。

これらの話も巨大ナマズが人を飲み込んだという目撃情報と同じぐらい誇張されているといわれており、絶対ないとは言い切れないものの、「超」が付く激レアケースといわれています。

南米旅行の際、もしカンディルに侵入されたら運が悪かったとあきらめてください。

0 件のコメント:

コメントを投稿