2019年10月5日土曜日

幽霊ガニは胃で鳴く ~ アトランティック・ゴースト・クラブ


■幽霊ガニは胃で鳴く ~ ゴースト・クラブ

スナガニの仲間に、アトランティック・ゴースト・クラブ (Ocypode quadrata)、つまり「大西洋の幽霊ガニ」という英名を持つカニがいます。

体長は5センチぐらいまで成長する中ぐらいのカニですが、別に特段、目を引くような外見的特長のないスナガニです。

しかし特技があり、幽霊ガニは「鳴く」ことができます。

鳴く方法もユニークで、足をこすり合わせたり、ハサミを砂の地面に叩きつけたりといったものです。

これにより天敵を威嚇したり、仲間とコミュニケーションを取ったりします。

ただし足やハサミを使った「鳴き」は欠点として、天敵と対峙した状態では無防備となってしまうことです。

というわけで、足やハサミをフリーにした状態でも鳴けることが分かりました。

幽霊ガニは胃の中に食物を粉砕する胃咀嚼器をもちますが、これをこすり合わせることによっても同様に「鳴く」ことができるようです。

複数の「鳴く」方法の使い分けは、天敵が比較的遠い場合は「足」や「ハサミ」を、近づいてくると足とハサミをフリーにして防御体制を取るために「胃」を使うのでは?と考えられています。

(参照サイト)
AAAS

(関連記事)
 実はカニは賢かった説

 猛毒 ~ スベスベマンジュウガニ

 ヤシガニが歴史ミステリーを解く

 コイがウナギを丸呑み

0 件のコメント:

コメントを投稿