2019年9月28日土曜日

巨大鮫の超臭い発酵食品 ~ ハカール


■巨大鮫の超臭い発酵食品 ~ ハカール

オンデンザメニシオンデンザメ、一般的にはマイナーなサメかもしれませんが、巨大生物好きの間ではわりとメジャーなサメでしょう。

体長は5メートルを優に超え (最大7メートル超)、紡錘形のボリュームある体躯 (たいく) は圧倒的な迫力があります。

とんでもない長寿でも知られ、その寿命は400歳とも500歳ともいわれます。

これだけの長命だと、中には未発見なだけで10メートルを超す個体がいてもおかしくはありません。

さて、今回はその寿命や大きさの話ではなく、ニシオンデンザメを使った食材のはなしです。


日本でかれらがマイナーなことでも分かるとおり、日本でニシオンデンザメを食す機会はまずないと思われますが、海外では、というかアイスランド一択ですが、大量に消費されているようです。

アイスランドでは、ニシオンデンザメハカール (Hakarl) という恐ろしく臭い発酵食品に生まれ変わります。

内臓を取ったニシオンデンザメの身を細長く切り、それを木箱に並べて発酵させ余分な水分を抜きます。

発酵させるとただの腐った魚の身にしか見えませんが、さらにこれを屋外に吊るして6ヶ月ほど乾燥させると完成です。

出来上がりは表面が真っ黒ですが、切ってみると中は真っ白です。

まるでチーズみたいでとても美味しそうに見えます。

これを一口サイズの大きさにカットし食べるようですが、美味しそうな見た目とは違いアンモニア臭がもの凄く、とても初心者が手を出せる代物ではないようです。

たくさんの動画を見ましたが、ほぼ全員吐き出しているので、相当なものと想像されます。

どのぐらい凄いものなのか、是非手に入れてみたい。
(100グラム24ユーロ≒2800円!)




0 件のコメント:

コメントを投稿