2020年1月1日水曜日

謎の四肢生物 ~ タイタスビルの怪生物

(image credit by Kelly Garrahan)

■謎の四肢生物 ~ タイタスビルの怪生物

アメリカ、フロリダ州のタイタスビル (Titusville) で発見された謎の四肢動物の死骸です。

発見したのはケリー・ガラハン (Kelly Garrahan) さんのボーイフレンドで、発見場所は彼女の裏庭です。

完全に干からびてミイラ化しており、死んでからかなりの期間が経過しているのは確かです。

よくまあそんな長い間、裏庭で発見もされずにいたもんだと不思議に思うかもしれませんが、彼女の庭の敷地面積は5エーカー (約2万平方メートル) もあると聞けば気付かないのも納得です。

(image credit by Kelly Garrahan)

謎の動物を見てみましょう。

頭の先から尻尾の先までで3フィート (約90センチ) とわりと小柄です。

長い尾を含めないと体長は50センチぐらいでしょうか、猫や小型犬ぐらいの大きさです。

頭部は長く犬歯も発達し尖った歯が口中にずらり並んでいます。

正体を巡りエイリアンチュパカブラといった定番の声があがったものの、まともな声としては犬やコヨーテ、カワウソといった哺乳類系、ワニ、コモドドラゴン、オオトカゲといった爬虫類系に分かれました。。

ガラハンさんはこの生物特定のためフロリダ魚類&野生動物保護委員会 (Florida Fish and Wildlife Conservation Commission) に謎の生物の写真を送りました。
答えはわりとあっけなくオポッサムと特定されました。

ミイラ化してやせ細ってしまっていますが、言われてみるとそれなりに生前の原形を留めています。

オポッサムは南米・北米大陸に広く生息する有袋類で100種以上知られ、大きさは概ねネコ程度です。

(オポッサムの必殺技「リアルな死んだ振り」)
(image credit by Johnruble (Wikipedia))

危険を感じると必殺技のリアルな死んだ振り (擬死) をすることで有名です。

半開きの口から舌をだらりと垂らし、肛門腺から死臭のような悪臭まで放つという超念入りの演技派です。

現在の繁栄を考えるとこの死んだ振りを手に入れたのはは大成功だったようです。

(関連記事)
 ポート・マッコーリーの謎の口

 イングランド、マージー川のツチノコ・モンスター (マージー・モンスター)


 ジョージアで撮影されたヤング・ビッグフット





 中国で捕獲された生きているヒューマノイド生物



 ネズミの運命共同体 ~ ラットキング

 タイの漁師が撮影した謎の水中生物

0 件のコメント:

コメントを投稿