2020年1月12日日曜日

ムジンバ・ビーチのレッド・ブロブ ~ スパニッシュ・ダンサー


■ムジンバ・ビーチの生物 ~ オーストラリアン・レッド・ブロブ

謎の漂着物シリーズ。

今回はオーストラリア、クイーンズランド州のムジンバ・ビーチ (Mudjimba beach) に打ち上げられたブロブ (ぶよぶよした物体・生物) です。

体長は25センチ、頭部、四肢やヒレといった顕著な器官が見当たらず、全体に赤みを帯びた体色が目を引きます。。

ちょっと泡がぶくぶくと付着しており気持ち悪いですが、これを浜辺で発見したデビー・ヒッグス (Debbie Higgs) さんはなんとバケツに入れて家に持ち帰り、綺麗に洗ってこの生物の写真と共にツイートしました。


「植物じゃないことは明らか、クラゲみたいにぶよぶよしてるの。

この生物が希少種であるなら水族館に寄贈するし、そうでなければ海に返すわ」

死んでるんで海に返すも何もないと思いますが、これはクジラの胎盤説も出ているものの、おそらくミカドウミウシ (Hexabranchus sanguineus) です。

その真っ赤な体で優雅に泳ぐ姿が、情熱的にフラメンコを踊るダンサーの赤いドレスのようであることから通常スパニッシュ・ダンサー (Spanish dancer) と呼ばれます。

ふつうは体長は30センチ程度ですが、60~90センチと巨大に成長するものもあります。


(参照サイト)
METRO

(関連記事)
 イングランド、マージー川のツチノコ・モンスター (マージー・モンスター)


 マリブビーチのグロブスター


 ブルームのビーチに打ち上げられた謎の生物

 ニュージーランドに流れ着いたドラゴンの骨格





 謎の四肢生物 ~ タイタスビルの怪生物



 ネッシーは死なず ~ アバディーンのネッシー死骸


0 件のコメント:

コメントを投稿