2019年10月30日水曜日

ブルームのビーチに打ち上げられた謎の生物

(image credit by The Sun)

■ブルームのビーチに打ち上げられた謎の生物

西オーストラリア州のブルーム (Broome) の砂浜に打ち上げられた謎の生物。

これはRedditに投稿された画像です。

投稿者によると、自分の母親とガールフレンドが見つけたものだそう。

先端に行くほど黒味を帯びた触手が白い円形のからだを放射状に囲みます。

クラゲにしては傘部分も触手もあまりにしっかりしすぎているように見えます。

例によってエイリアンだなんだと騒がれましたが、結局、裏返しになった巨大なイソギンチャクで落ち着きました。

ただし、この大きさと白黒ツートンの配色にぴったり合致するイソギンチャクは見つからず、いくつかの候補が上がっています。

種の特定までには至っておりませんが、個人的にはその中からコイボイソギンチャク (Cribrinopsis fernaldi) を推したいと思います。

コイボイソギンチャクの英名はクリムゾン・アネモネ (crimson anemone) というぐらいなので体色はクリムゾンカラー、というか綺麗なピンク色なのですが、死んだ上に太陽光に晒され変色したのではないでしょうか。

(参照サイト)
The Sun

(関連記事)

0 件のコメント:

コメントを投稿