2019年12月5日木曜日

瓶詰めの貝の中に毛虫みたいな生物を発見してしまった少年

(image credit by ECHO)

■瓶詰めの貝の中に毛虫みたいな生物を発見してしまった少年

食の安全が騒がれる昨今。

といっても日本では騒ぎすぎの感は否めませんが。

ここはイングランド、リバプールのタウブルックに住む12歳の少年、ディラン・バノン (Dylan Bannon) 君がオーシャン・クラウン社の日本では珍しい瓶詰めのザルガイの酢漬け (二枚貝のピクルス) を食べていたところ、入っているべきではない驚愕のものに遭遇。

長さ3センチ程度の毛虫というかナメクジというか、なんか知らんけど気持ち悪いものを発見!

驚きと恐怖で叫び声をあげるディラン君。

その雄たけびに振り向くディラン君の母親ジョアン・バノン氏、愛息に続けとばかり恐怖の叫び声を上げたといいます。

「とてもその光景を信じることができなかったわ、その場で凍りついて悲鳴を上げてしまったの。」

異物混入で大騒ぎするのは日本だけじゃないんだなと思いつつ、例のものを拝見。

ザルガイと一緒に蒸されて酢漬けにされて原形をどれだけとどめているのか分かりませんが、そのまま見た感じではウロコムシの一種のように見えます。

ウロコムシはゴカイなんかと同じ仲間です。

さあさあ、この異物混入、どう責任とってくれるんだ!

日本であればSNSで公表、メーカーに謝罪要求+α (金品要求)、謝罪会見開催の要求、今後異物混入を無くすためにいかなる対策をするかを追求、、、

ディラン君は毛虫入りピクルスを持って購入店に持っていくと、新品の瓶詰め1つ貰って帰ってきたそうな。

そう、こんなんもんでいいんですよ。

異物混入を限りなくゼロに近づけることは可能でも完全にゼロにするのは不可ですし、過度の出荷検品・検査はコストがかかり商品の価格に上乗せされ、結局損をするのは消費者。

そりゃ自分の買ったものに入ってたら不快ですが、めんどくさがりの自分は運が悪かったとあきらめます。

(参照サイト)
ECHO

(関連記事)
 警察まで出動 ~ ナイジェリアの人魚大騒動

 野生化したインコはジミ・ヘンドリックスのせい?


  ヤシガニが歴史ミステリーを解く


 幽霊騒動でガーナの高校が閉鎖される

 オーストラリア大陸を彷徨う、ブラックパンサー

0 件のコメント:

コメントを投稿