2019年9月25日水曜日

2つの口を持つ魚が釣り上げられる


■2つの口を持つレイクトラウトが釣られる

アメリカとカナダの国境に位置するシャンプレーン湖には、以前からチャンプと呼ばれる水棲UMAの目撃情報がありますが、このほどこの湖で2つの口をもつレイクトラウトが捕獲されたとのニュースがありました。

釣り上げたのはアメリカ人女性、デビー・ゲッデス (Debbie Geddes) さん。

正面から撮影されたレイクトラウトを見ると確かに本来の口と、その顎部分にもうひとつ口があるように見えます。

ただし、下にある口は上あご・下あごという感じではなく、本来の下あごの部分がぱっくり裂けて口のように見えているだけのようですす。

この「裂け」による口ですが、怪我等によるものにしてはあまりにその「裂けたライン」が綺麗過ぎるように見えるので、先天的な奇形のような感じがします。

ただし、そうなると捕らえた獲物を逃してしまう可能性のあるこの「裂けた口」を持つというハンデで、成体まで成長できるものなのか、という次なる疑問が沸きますが。

撮影後、ゲッデスさんはこのレイクトラウトをリリースしてあげたそうです。

(参照サイト)
CBS NEWS

(関連記事)
 ノルウェー沖で釣り上げられた巨大な目を持つ深海魚

 釣った魚の口の中にカエルが座っていた

0 件のコメント:

コメントを投稿