2019年10月17日木曜日

ノースカロライナ州でビッグフットの足跡が発見される


■ノースカロライナ州でビッグフットの足跡が発見される

アメリカ、ノースカロライナ州の電気技師、ジョー・スカボロー (Joe Scarborough) 氏は自宅近くで見慣れない巨大な足跡を発見しました。

(image by YouTube "WCNC")

もちろん、アメリカの国民的UMA、ビッグフットのものでは?と話題になっています。

見つかった足跡は右足のもので、その大きさは13~14インチ (約33~35.5センチ) とまさに「ビッグフット (大足)」です。

いまだに捕獲される気配すらないビッグフットですが、毎年、というか、ほとんど毎月、毎週のように存在が確認されたような報道が続くビッグフットですから、足跡を見つけたスカボロー氏ですら懐疑的で、とりあえずトレイル・カメラ (野生動物などの撮影用の遠隔カメラ) を仕掛けてみようとのことです。

(image by YouTube "WCNC")

(参照サイト)
UNEXPLAINED MYSTERIES

(関連記事)
■ ウェーンズバロの謎の足跡

 空飛ぶハリネズミ ~ ティジー・ウィジー


 海底の生物を殺す死のツララ ~ ブライニクル

0 件のコメント:

コメントを投稿