2019年9月25日水曜日

絶滅したドードーの肉で作った、ドードーナゲットはいかが?


■絶滅したドードーの料理 ~ ドードーナゲット

チキンナゲットならぬ「ドードーナゲット (dodo nugget)」を作ろうというレシピ本があります。

その前に悲劇の鳥、ドードーはご存知でしょうか?

諸説はありますが、その姿から想像はしがたいもののハトと近縁であると考えられています。

インド洋に浮かぶモーリシャス島、レユニオン島、ロドリゲス島、この3つの島にだけ生息していましたが、1598年、オランダ人がモーリシャス島に足を踏み入れてから完膚なきまで狩りつくされ、発見からわずか83年後の1681年にモーリシャス島から姿を消してしまいました。(ロドリゲス島のドードーは1791年に絶滅)

詳しくはドードーの記事でも見てもらうとして、とにかく絶滅してしまった鳥です。

そんな絶滅してしまったドードーの肉を使ってナゲットを作ろうとはいかに?

実はこれ、半分冗談・半分本気の培養肉を使ったレシピ本で、本のタイトルは「ジ・イン・ヴィトロ・ミート・クック・ブック (The In Vitro Meat Cook Book)」、Amazonでも購入できます。

培養肉とはいえ、どうやってドードーの肉を培養するのか?

本によれば、オックスフォード大学自然史博物館に保管されているドードーの標本から組織を拝借し、組織再生および最新のDNA技術を駆使してドードーの肉を培養するとのこと。

そしてめでたくドードーの肉の培養に成功したらそれを使ってナゲットにしてみようっていう話です。

その他にも、3Dプリンタを用いて恐竜の骨 (獣脚類の前肢) を再現し、その骨の周りに肉を培養して恐竜の骨付き肉のローストを作る、なんてユニークなアイデアもあるようです。

(獣脚類の前肢肉)

(サーベルタイガーの頭部肉)

(参照サイト)
BISTRO IN VITRO




 毒入りブラックチーズ? ~ ヴェノム・チーズ

0 件のコメント:

コメントを投稿