2019年10月20日日曜日

食用昆虫は現地から通販で買うとバカ安い

(届いた4品)

■食用昆虫は現地から通販で買うとバカ安い

昆虫食の見た目のインパクトは絶大で、個人的にも非常に興味のある分野です。

人口爆発が見込まれる近い未来、20年後、30年後は昆虫食がふつうになると繰り返し繰り返し報道されています。

昆虫は、現在メインとなる牛肉や豚肉、鶏肉に比べ、グラムあたりの栄養価が高く、しかも養殖費用も格段に低く抑えられる上に育つのも速いといいこと尽くめです。

見た目こそ非常にネックとはなりますが、小麦粉のようにパウダー状にすればそういったネガティブな要素も取り除けます。

が、現在のところ昆虫食が比較的メジャーな東南アジアであったりアフリカであれば安価で食べられますが、それ以外の国ではバカ高いです。

はっきりいって「超」がつく「高級品」「贅沢品」といっても決して過言ではありません。

グラムあたりで言えば、高級品の「代名詞」キャビアと比較しても遜色ありません。

管理人は日本の昆虫食ではメジャーといえるイナゴやハチノコすら食べたことなく、つまりなにも食べたことはありません。

旧サイトから変わった食材を頻繁にネタにしながらまったく食べたことがないというのは申し訳ないと思い、食べてみようと買ってみることにしました。

購入したのは日本でもアマゾンや楽天でメジャーな Thailand Unique 社のものです。

(こんな小包で届きます)

社名の通りタイの会社です。

こちらの商品を日本で買うと送料込みで安くても1品1600~1800円と高額です。

なにせ内容量が15~25グラムしか入っていないのですから、とんでもない高級品です。

そこで直接買ってみることにしました。

Fried Edible Pupae Mix (フライドサナギセット)
Fried Edible Silk Moth Pupae (フライドカイコのサナギ)
Mixed Edible Insects (昆虫セット)
Canned Queen Weaver Ants (女王つむぎアリの缶詰)

「女王つむぎアリの缶詰」は断りなくなぜか代替品 (缶詰ではなく袋詰め商品) が送られてきましたが、まぁいいです。

(梱包はこんな感じで簡易放送)

上から、$2.50、$2.50、$3.99、$2.90、合計で11.89+送料$8.40で$20.29、購入当時の為替相場で日本円で2.286円

同じ商品をアマゾンや楽天で購入すると6500~7000円ぐらいするので、まさに激安です。(というか日本が高すぎ)

送料を含まない商品だけの価格なら1300円ぐらいです。

とはいえ、直接購入するのをお勧めするかというと、そんなお勧めはしません。

海外から購入したことがある人なら分かると思いますが、遅延は当たり前、迷子になるわ、紛失するわ、紛失したって保証はないわ、安いなりにそれなりのリスクがあります。

送料のことを考えるともっとまとめ買いしたほうが断然お得なんですが、自分も紛失が怖いので海外からの購入は大抵2000円程度に収めているぐらいです。

注文から到着まで約10日程度ですが、発送しましたメールもなく、突然到着する感じです。

ちなみに、結局買ったはいいものの食べてません、、、、パッケージ見てるのは楽しいんですけどねぇ、、、、食べる勇気が出たら後日記事にしますね。

やっぱ昆虫食入門のミールワーム買おっかな、あれなら細っこくてカリカリしてるから食べられそうな気が。

(関連記事)
不老不死の秘薬、エリクサーが発見される

 巨大鮫の超臭い発酵食品 ~ ハカール




0 件のコメント:

コメントを投稿